« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月28日 (日)

歌のコンサート終了

弾いて参りました!終わりました!
ちょっぴり奇妙なコンサートでした。なぜかって?
実はもう一人、急遽伴奏を頼まれていたF氏と、分担しながら弾いたのです。歌手のMさんの強いご希望で、曲順もその場で予定していた曲順を入れ替えたりしたもんで、ずっと二人のピアニストが袖に控えていた訳なんです。

コンサートで同業者(ピアニスト)に会うことはあまりありません。ですが、今日は私にとって初対面のF氏と共に、歌手のMさんをサポートしようという連帯感が生まれまして、結構ハラハラドキドキしながらも楽しんできました。

今はいろんなことがあったんで、頭痛がしています。でもコンサートの後って興奮して寝られないことが多いんですよね。

2008年12月26日 (金)

出会い

 歌のMさんとのコンサートも迫ってきましたが、Mさんが直前にテノールの中村健先生にきいていただきたいわ〜と、おっしゃり、きのうは中村先生のところへおじゃまさせていただきました。

 歌の方の伴奏で歌の先生のレッスンを受けるのは、留学以来のこと、それも日本語で日本歌曲となると、興味津々、いやぁ、面白かったです。

 発音や、言葉のイントネーションと音の高低の関係など、丁寧に教えていただきました。中でも「〜〜です」という時、「す」を「s」にするか、「su」にするか、これは、関西、関東でも違いますしね〜。
 
 「斑猫」という曲は今回のプログラムでは、かなり伴奏も活躍するので、弾き応えもあり、練習を積んできた曲ですが、中村先生の奥様で亡くなられた邦子先生のCDがあり、「邦子はどう歌っているかな」と先生がその場でそのCDをかけてくださいました。その透明で張りのある美しい声に私は感激!レッスンも勿論ですが、これをきかせていただいただけでも来てよかった〜と思うほどでした。
先生は「僕はあんまり聴きたくないんだけどね」とおっしゃっておれらたのは、あまりに美しく素晴らしい邦子先生が今はいない、ということを突きつけられて悲しくなっておしまいになるからでしょう。

 中村先生のレッスン室はぬいぐるみが聴衆のように飾られていたりで、かわいらしいお部屋でした。脇役でお伴させていただきましたが、素晴らしい体験でした。

 これから少しおさらい練習をして、コンサートのため京都へいきます。

2008年12月19日 (金)

代役

 どうした運命のいたずらか、面識のない関西の歌手からお電話いただき、コンサートの伴奏の代役をひきうけることになってしまいました。コンサートまでは2週間。よりにもよって全部、経験のない曲ばかり。しかし、ちょうどそのコンサートの日が娘がスキーキャンプにいって不在なので、私、動ける!という単純な理由だけで引き受けてしまったのでした。

断れる予定はすべてキャンセルし、猛練習が、始まりました。

おととい、きのう、と歌手の方と合わせをやってみて、割と合わせることには自信のあった私ですが、人生それほど甘くない!お互いの信頼関係を作るに至らないまま、不慣れな歌曲伴奏に取り組んだ私には前奏、間奏、至る所に事細かな指示が・・・・・。何度か合わせていただけたらタイミングもあわせられるのですが、その歌手さん曰く「声の調子が悪いのでそういう時には何度も歌えない」と理屈、言葉での説明を延々ときくハメに陥ってしまいました。まぁ、この曲の経験があればこんなことはないのでしょうが、自分のパートだけできてもだめなんですね。一緒に歌っている気持ちになってやらないと。

そんなわけで、きょうは歌のパートも口ずさみながらの練習です。事細かにやっていると、曲の一音一音の意味、美しさがわかってきて、感動しています。

なんだか大変な中にいると、ふと、一人お昼ご飯を食べているときに、「神様、今日の糧をありがとうございます」なんていうしみじみした気持ちにもなってしまいました!

さあ、また練習だ!
そしてもう少ししたら何にも関係ないという顔で娘が帰ってきてポワ〜ントした穏やかな時間がやってきます。

2008年12月10日 (水)

早くも師走!

毎日なんだぁかんだぁと忙しいです。ブログの更新も全然できなくって・・・。

娘をスキーキャンプにこの冬休みに参加させることにしまして、スキーをしたことのない私はスキー用品をそろえるのにもネット利用です。ウェアや、小物、いろいろいるんですね。パソコンに向かう時間はかなり長くいろんなショップに遊びにいきます。

そうしていたところ、ずっと「ない」と、あきらめていたミシェル・ドラクロワの画集がネットで見つかった時には大喜びしました。数年前に画廊で見たときからずっと探し求めていたんです。絵はまだ買えませんが、画集を1ページめくるごとに心がふんわり満たされるような絵です。美しいものに囲まれて生きていきたいですねぇ。

美しい物と言えば、先日12月1日に知人が銀座でドレスデンの陶器の展示会を催しました。1700点ものコレクションで見応えがありました。素晴らしい絵付けに魅せられ、ずっとそこにいたいような気分でした。(実は私も持ってるドレスデンのモカセット!)

クリスマスも近づいてきて何かと行事が多いこのごろですが、元気に過ごしたいものです。
娘の視力低下防止によかろうと買った「アルファースリームのアイマスク」、夜は娘で昼は私が喉に着用!しています。喉痛が一気に解消されて風邪をひきそうでしたが大事にいたらずに済みました。
アルファースリームの布団は8月に買ったんですが、このお陰で大分助けられていると感じています。お薦めですよ!!

« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »