« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

オリンピックも間もなく閉幕

オリンピック、もうすぐ閉幕ですね。見応えありましたね〜。

数日前から急に花粉症がひどくなり、大変です。
気力もなくなりそう〜〜。
なのでここで早々に失礼。

2010年2月23日 (火)

就寝前の読書

モーパッサンの「女の一生」終わり。 

次はスタンダールの「赤と黒」。

2010年2月19日 (金)

つくば宇宙センター

沖縄からの来客があり、両親共々つくばを案内することになりました。
13時からの宇宙センターの見学に申込、行ってきました。
宇宙飛行士の研修する施設や、宇宙服などを見たりしました。
宇宙服は120Kgもあるそうで、一人では着られないそうです。
宇宙では無重力なので、関係ないとか・・・。
90分の有意義な見学でした。知人も大喜び。

Photo
私が宇宙服着たらこんな感じ・・・。

Photo_2

宇宙食でたこやきというのがあったので、興味本位で買ってきました。
食べたらまたご報告できるかな。

Photo_3

2010年2月18日 (木)

また雪!

今年は本当に雪がよく降る。
今朝は小学校の連絡網が早朝まわってきて雪のため、10時登校になったので、娘と雪景色に誘われて庭に出てみた。
夕方には出掛けるし、車の上に積もった雪をどうせ取り除かなければいけないのだし、それなら今その雪で雪だるまを作って遊んじゃおう!と、せっせと雪だるまを作り始めた。

最初は少しのつもりが面白くなって、1時間以上も雪だるまつくりに熱中してしまった。

始めにきれいなまるにしておかないとなかなか丸い雪だるまは作れない。やっぱり元(素質、才能?)がきれいでないとだめか〜、でも手をかければ、それなりの物はできる、うんうん、努力すればそれなりにね〜、でもやっぱり始めの形もきれいで、それに手をかければいいのができるんだよね〜、素質プラス努力だよね〜、ぬぁ〜んて考えながら・・・。

Photo

Photo_2

2010年2月16日 (火)

不思議なご縁

高校、大学時代の先輩であるWさんは近くに住んでいらっしゃる。
大学時代にWさんのアルバイトの生徒さんをお引き受けしたことから、不思議なご縁が続いている。

私がスイスにコンクールを受けにいった時、Wさんご夫妻は留学されて、そのときそのコンクールの審査員だった先生に師事しておられた。
コンクールを聞きにきてくださったり、スイス観光の時に、トランクを預かってくださったり....本当にお世話になった。
後に私のところにピアノを聞かせにきてくれた娘さんはそのときまだ2歳だった。

ずっと年賀状の交換をして何年もたち、10年前私がWさんの住む町に越してきた。
子供さんは大きく成長され、リトルピアニスト!
ほんの少しレッスンに見えただけで難関の芸校に合格され、今も腕を磨いている。

私の娘はWさんにピアノを見ていただいたが、こちらは約2年で挫折。
そんなわけで、お互いが同じ音楽の世界で、子供のことも知っているという状況。

そのWさんが今日は自宅にきてくださって、楽しいおしゃべりをした。
ピアノ教師としての多くの経験をもたれ、また、子育ての大先輩でもあり、音楽界のいろんな情報もご存知。
いつまでも話が尽きなかった。
おばあさんになってもどうぞよろしく・・・・。

2010年2月15日 (月)

置き薬

数ヶ月前に置き薬を置いていかれました。
こういうシステムがあることはこれまで全く知らず、使った分だけ後ほど清算ということでとりあえず置いていったもらったのですが、全く使いませんでした。

今日は、点検ということで薬箱を見せて、在庫を確認。
担当者の男性は「お元気で!」と言って帰っていきました。
「お元気」でいたら、薬使わないけど、いいのかな?なんてちょっと複雑な気持ちでした。

Photo

2010年2月14日 (日)

雪化粧

朝起きてみたら雪が降り積もっていた。
テラスから見える遊歩道の木々が美しく雪化粧している。
部屋も普段より明るい。

Photo

普段とは違う景色の中、教会へ向かい、午後までそこで過ごした。
帰るころには雪はすっかりなくなってしまい、もとに戻ってしまった。

2010年2月11日 (木)

ひな人形飾る

寒くて曇り空の一日。こういう日が元気が出ない私です。
休日なので有効に使わねばと思いつつ、朝寝坊に始まり、雑用に追われた一日でした。
夕方になって娘とひな人形を飾りました。
私が小さい時に買ってもらったものです。


Photo_2

2010年2月 9日 (火)

試験

今日は愛知芸大の1年生の試験。
9:15からの試験に間に合うよう、うちを4:50に出発。
いつものように新幹線内でお気に入りの「30品目バランス弁当」を食べ、しばし休息。

リニモを降りたら急ぎ足。芸大までの坂道は結構運動になる。
9:15から副科の採点のあと、11:30からいよいよ1年生の試験。
今回は25人、BACHの平均率クラヴィア曲集の任意の曲を聴いた。

6人終わって昼食。豪華な手作り弁当を教授の先生方が前もって注文してくださっている。
とってもおいしいのだけど、すごいボリューム・・・。大食いの私も今日は少し残してしまった。
昼過ぎからはまたBACH.睡魔とも戦いながら皆さんの懸命な演奏を聴く。
自分の生徒もいて、普段を知っているだけになかなか客観的に聞くのは難しい。
17:00終了。

帰りの新幹線でいつものようにお弁当を買い込んで食べようかとも思ったけど、昼食が多すぎたのでまだ胃にもたれていて何も買わずに乗り込んだ。
東京駅についてから、レストランに入りスパゲティ。一人壁に向かって食べた・・・。

食後に何か甘い物でもとも思ったけど、我慢して店を出た。
しかし、やっぱり売店で「特濃ミルク8.2」を目撃したら買ってしまった・・・。
最近親子でこの飴にはまっている・・・・。

10時すぎに帰り着いた。疲れたけど何か気分がすっきりしない。
BACHはどうあるべきなのか、今日も寝るときグルグル曲が浮かんできそうだ・・・。

2010年2月 8日 (月)

家事のしわ寄せ

おとといは娘と「火の鳥」のミュージカルを観て、その後両親のところに「かにしゃぶ」にお呼ばれ。
きのうは、娘の児童英検。
おりこうにしていたらアイスクリームね、なんて約束してしまったので、外にいる時間がやたら長くなり、家にあまりいない2日間になってしまった。

そんなわけで家事のしわ寄せが来て、今日は朝から掃除、洗濯、雑用に忙しい。
5月のリサイタルのチラシもあがってきたので、発送にむけての段取りもある。
う〜ん、うまくやらないと練習ができな〜い。

花粉症は寒いせいでか、ほとんど治まっているので助かる。
足の痛みもほぼ治ってきた感じ。よしよし。
お風呂(パナソニックの美泡湯)と布団、アルファースリームのお陰かな??

2010年2月 4日 (木)

寒波

今朝はこの冬一番の冷え込みとか・・。10分早く起きて正解!
愛知芸大にいく日なので、朝5時前に出発。
車のフロントガラスには雪が降り積もっていたのでお湯をかけて溶かした。
路面も凍っているところがあるし、慎重に運転・・・。名古屋までじゃないよ。最寄りの駅まで。

きょうは試験前最後のレッスン。だんだん仕上がってきた生徒さん達。

今年はショパン、シューマンが生誕200年で、本も普段より多く店頭に並んでいるように思う。
今日は、この間手にいれた吉田秀和氏の「作曲家論集シューマン」という本を持っていった。
電車の中で眠くない時に少しづつ読んでいる。
大変、興味深いし、面白い。
いろんなピアニストに関する文もよくわかるし、ふむふむ、と思いながら読んでいる。

夜の読書は年末からゆっくりとトルストイの「復活」を読んでいたけど、最近終わったので、数日前からモーパッサンの「女の一生」になっている。
知らない名作がまだまだたくさんある〜・・・・。

2010年2月 2日 (火)

緊張と弛緩

愛知芸大の試験も近づいてきました。皆さん、最後の追い込みにかかっています。

ここぞという時に集中しなければならない難しさ、そして集中には限界があり、そのタイミングをうまくもっていくことの難しさ・・・。
一言で「集中して」とか、言うのはたやすいですが、予想されない出来事はたくさんあります。
特にピアノは1台1台違うので、普段弾き慣れている楽器とは限らない、部屋の響き具合、自分の体調・・・。どんな場合でも自分の全精力を傾けて対処していかなくてはなりません。

いい演奏をしたいと願えば願うほど緊張も大きくなります。
そして、そういう難しい局面に直面したとき、本当に人は自分の弱さに直面し、道のりのあまりの遠さに愕然とするのではないでしょうか?

私の周りには素晴らしい演奏をなさりながら、大変謙虚な方がいらっしゃいます。
きっとそこまで到達してもまだ、先の道のりがあることをご存知なのでしょう。
そういう人は、優しいです。ただ優しいだけでなく、厳しさがありながら優しいです。

でも「完全なもの」なんてないのでしょう。
また完全を求めても人は人であるが故に「完全」には到達できません。
せいぜい「よりよい」ものを目指すといったところでしょうか。

私はフィギュアスケートを見るのが結構好きなんですが、オリンピック代表になれるかどうかの大事な試合で鈴木明子選手に試合の前にコーチが「かこつけるな」とおっしゃったそうですね。
いい緊張はなくてはいけませんが、不必要な過度な緊張は禁物です。
それをほぐす素晴らしい一言だと思いました。

その個人個人にあった、よいメッセージを贈れるような先生になりたいものです。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »