« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月29日 (木)

98歳のピアノ

久しぶりの雨。
きょうは、東京渋谷のタカギクラヴィアまで出掛けて行き、社長の高木さんにお会いしてきました。

ピアニストにとっていい楽器との出会いは大切なこと。
録音用、及び、コンサート貸し出し用の素晴らしいピアノをお持ちとのことで、試弾させていただきました。
中でも、1912年製のニューヨークスタインウェイは、社長さんが大切にされているもの。

Photo

世界に400何台しかないという貸し出し用の番号がふられています。

Photo_2

音色はまろやか。歴史を感じます。

10年間、音楽界からは雲隠れしていたような私ですので、私に関しては、社長さんからは海の物とも山の物ともわからない不明人物だったと思うのですが、話をしてくうちに、社長さんの表情も和んできまして、ご親切にいろいろお話くださいました。

人生、平均寿命の約半分ほどきたかと思うと、あと、どんな活動をしていこうかと、まじめに考え中です・・・・。

2010年7月28日 (水)

劇団四季、美女と野獣

劇団四季の美女と野獣の公演を観て参りました。東京、大井町の新しい劇場も見ものです。

Photo


娘が小さい時から、いろんな文化的催しに一緒に行っておりますが、中でもミュージカルは、「ライオンキング」「赤毛のアン」を観て、今回は「美女と野獣」です。

実は、ディズニーの映画の中でも(私の)一番のお気に入りが、この美女と野獣。
音楽も好きだし、なぜだかを説明できないのですが、「コグスワース」が大好きなんです。

今日の公演は、結構なお値段のチケットでしたが、華やかで美しく、ウィットに富み、子どもでも十分に楽しめる内容で、娘も感動して、拍手喝采を送っていました。
連日、大盛況のようですね。
お勧めです。

2010年7月27日 (火)

タイタンビカス

お隣さんのピンクのタイタンビカスも花を咲かせました!!

Photo_2

きょうは、洗濯に追われています・・・。

2010年7月26日 (月)

やっと見た名古屋城

横浜から名古屋に入りまして、泊まったのが笹寺のワシントンホテルプラザ。
お目当ては、ホテル併設の湯とぴあ宝。
大変暑かったので、そんな日に温泉?と思いもしましたが、これが最高に気持ちよいリラクゼーションとなりました。
夏に入る、温泉、最高です!!

朝食のバイキングもおいしくいただき、初めての名古屋城見物に出発。
あ、本当は愛知芸大の補講で来たんですけどね、午前中は生徒さん試験で、レッスンは午後からになったもんで・・・・。
いつもとんぼ返りの名古屋でしたが、いろいろ回ろうと思っても月曜休館が多い!
名古屋城は、朝9時から空いていてグッドタイミングでした。

Photo_5

金のしゃちほこ、ギラギラ照りつける太陽にピカピカ輝いておりました。
中の展示も見て、展望台から名古屋市内を眺めました。
しかし、とにかく、暑い!
12時からレッスンを入れていたので、1時間ばかり見学の後、芸大に向かいました。

夜、帰宅。

2010年7月25日 (日)

サマーパーティ*ゲスト出演

横浜で建築家の太田先生の主催するBeBeクラブのサマーパーティが開かれ、ゲスト出演させていただきました。
暑い日となりましたが、元町中華街から徒歩で数分の会場となったのが、こちら、ヒルサイドガーデンです。
坂をヒーヒー言いながら登って行った先にこのお店に降りて行く下り階段(写真右下)・・・。

Photo_2

結婚式なども行われるというチャペル?での催し。
まず、太田先生による「イタリア紀行」の始まり、始まり〜。


Photo_3

先生が実際に現地で撮っていらしたたくさんの写真と共に、まるでイタリアにいったかのように、感じられるひと時でした。

その後、出番です。
ディアパソンのピアノでアルベニスのスペイン組曲の中から4曲ばかり、弾かせていただきました。
本当は、イタリアの作曲家で関連性を持たせようとも考えたのですが、ふさわしいと思える曲が見当たらず、スペインのアルベニスの作品となりました。
まあ、今年、生誕150年だし・・・・。

そのあと、上のレストランに移動して、イタリアンランチを頂きました。
炎天下の中での写真撮影や、終わりには、なんとダービーゲーム!
楽しいひと時でした。

そのあと、名古屋に向かいました。大学での補講のためです。

2010年7月24日 (土)

タイタンビカス花を咲かす

この間、植えたタイタンビカスが、今朝、初めて花を咲かせました!
ムムム!
大きい花です。
これからどんどん咲くのかしら?

Photo


Photo_2

夜になったら花びらは閉じていました。

明日は、横浜で弾きます。
アルベニスの小品を4曲。

その足で名古屋にいく予定なので、お泊まりの用意をしていたら、久しぶりの荷造りで勘が鈍っているのか、えらく時間がかかってしまいました。
早く寝なきゃ。

2010年7月20日 (火)

借り暮らしのアリエッティ

暑い中、映画、「借り暮らしのアリエッティ」を見にいきました。
宮崎さんの作品は、やはりとってもいいですね。音響も素晴らしかった。
娘も大喜び。
帰ってからアリエッティの話ばかり。

もうすぐ夏休みだ〜〜〜。
喜ぶべきか、憂えるべきか???

2010年7月14日 (水)

しつこい咳

しつこい咳に悩まされ、3日連続で針に行っているのですが、う〜ん、まだ治らな〜い。
東洋医学の先生なのですが、物事すべて陰と陽、とおっしゃる。

「朝の果物は金」と聞いたりして、最近朝食にメロンを食べていたのですが、それを話したら、怒られましたね〜。
先生は「飯は食わなくてもいいから、温かいお茶は飲んでいけ〜」と子どもさんにおっしゃるそうでして、メロンや、スイカを朝に、なんていうのは、もっての他!!

もっと体を温めることを考えてみます。
明日は、また、朝、早い名古屋いきの日です。

2010年7月13日 (火)

音楽を聴かせると?

モーツアルトを聴かせたバナナが出荷されるらしい。
不思議にも感じるけど、なるほどとも思います。

私のCD、スカルラッティのCDの波動を測ってもらったことがあります。
波動測定器なるものがあって、いろんな項目に分かれていました。
あまり、はっきりは覚えていないのですが、全体的にとてもよい波動でした。
自分が持っているCDもいくつか測ってもらいましたが、いろんな数値が出ました。

その波動測定器を持っている方は、留守の間も部屋の観葉植物に聴かせるとかで、私のCDをかけっぱなしにして出掛ける、とおっしゃっていました。
肥料とか、物質的なものでなく、音というものをエネルギーとしてとらえているんですね。

今日は、試演会に来てくれた友人が「ピアノって弾く人によって本当に違う音がするんですね」と話してくれました。

そうなんです!

以前ヤマハの製品開発に携わっていた頃、調律師の方から「うちのピアノである有名な女流ピアニストが練習した後に、そのピアノを触ったら、あまりにも美しい音色でびっくりした」という話を聞きました。
そのピアニストの発音の仕方というか、何か、残っていたんでしょうね。

斎藤雅広さんと弾き込みの仕事をしていた時も、斉藤さんがしばらく弾いたピアノを私が弾くと最初の数分は斉藤さんの響きがするんですね。
面白いですよ〜。
ですから、その人の自宅のピアノを見れば、どんな音を目指しているのか、よくわかります。

美しい音を響かせたいものです。
そして、ただ、美しいだけでなく、心に届く音を目指しています。

2010年7月11日 (日)

おいしい紅茶

建築家の太田先生の家作りセミナーでは、海外の建築や、インテリアの写真を見ることができ、海外旅行をしたような気分になりました。
その後、ティーインストラクターの薄井先生による「おいしい紅茶」のセミナーでは、始めにおいしいオレンジ入りの紅茶、ディンブラを頂きました。

Photo

薄井先生には申し訳ないのですが、私は普段はコーヒーばかり飲んでいます。
でも、このいただいた紅茶はとってもおいしかった!
入れ方のポイントはやはり温度と時間、沸騰させたお湯を、あたためておいたポットに入れるという、極めて簡単なものでした。
やってみましょう!ということになり、皆さんの前で私が実際紅茶を入れてみました・・。
簡単なことなのに、こういうやり方で紅茶を入れたことは実はありませんでした。


Photo_3

そしていただいたのが、こちらケニア。
この私でも上手にできましたよ。

Photo_4

贅沢なひとときでした。
うちにある紅茶の葉っぱも、この入れ方で入れればもっとおいしくいただけそうです。
感謝!

2010年7月 9日 (金)

草取りがいけなかったのか〜?

あまりに咳が治らないので、またまた鶴巻はり灸院に行きました。
あちらこちら、カチンコチンで、大分ほぐしていただきましたが、まだ根が深いようです。

原因をさぐっているうちに、草取りがいけなかったことがわかってきました。
ついつい根をつめて2時間くらいしてしまった時に胃の方までの圧迫感を感じて、なぜかな〜?と思っていたのでした。
あの姿勢で、「気」が滞るそうです。
正座や、足がしびれる姿勢もダメ〜とのこと。
草取りは休み休みすればよかったんですけどね。
そのせいで、背中も腰もカチンコチン。ゆるまないから咳も治らず・・・。

また、最近忙しくてお風呂の湯船につかる15分くらいをカットしてシャワーで済ませているのもいけなかったようです。
「風呂は絶対につかれ〜。シャワーだけなんてもってもほかだ〜。うちの子ども達にも洗わなくてもいいから、つかれ〜と言っているんだ〜」と先生。
きょうは、ゆっくり浸かります。
日々の何気ないちょっとしたケアって大事ですよね。

あと、自分がちょっとしたことで過敏になっていることもわかりました。
例えば、子どもにはうるさく感じられないのに、自分にはテレビの音がうるさくて仕方ない、とか、ありませんか??
もしかして、先日、書き記したコンサートのことも、過敏になっている私には刺激が強い物が受け付けられなかったからかも・・・・。
体がゆるんで、気も楽になったら、もっとイライラも減ってガミガミ言わないで過ごせますのにね。
フ〜〜。

ところで、明日は、いよいよ建築&紅茶のセミナーです。
まだ空きがあるようですよ。
7/10 紅茶のセミナー&家作りセミナーのページをご覧下さいね。

2010年7月 8日 (木)

カラフルな木

愛知芸大。
学校は山一つ分というくらい、広くて、どこからどこまでなのか、私は知りませんが、音楽棟にいくまでの原っぱも広々しています。

そこにある木が、布で飾られて?いました。
美術の生徒さんの作品でしょうか?
ちょっと面白かったので、写真に撮ってみました。
携帯で撮ったので画像はよくありませんが・・・。

20100708151322

ところで!通算10年ほど通っている名古屋なのに、いつもとんぼ返りでどこも観光したことがありません。
きょうは、名古屋のガイドを買って、帰りの新幹線で読んでみました。
7月の終わりに補講をした帰りにちょっと名古屋城でも見物してみましょうかね〜。
金のしゃちほこは見なくちゃね。
あんかけスパゲティなんて本当においしいのかしら?
ミソカツや、天むす、きしめんは、知っていますが、ひつまぶしとか、あんかけスパは知りませ〜ん。

2010年7月 4日 (日)

私が満足できる演奏会とは?

このところ、いくつかの演奏会にでかける機会がありました。
そして、いろんなことを考えさせられました。

どの演奏会も水準は高く、演奏者の力量は高いものでした。
しかし・・・
すごい、とは思ってもまた聞きたいとは思わない、とか、上手とは思うけど感動しない、とか、心に来る演奏というものは難しいのだな〜と痛感せざるを得ませんでした。

人にはいろんな好みもあるし、その時の状態というのもあるでしょう。
疲れている時にパワフルすぎる演奏をきいても、もういい〜〜、やめて〜となってしまいます。
病気なのに、ステーキ食べなさいと出されているみたいで・・・。

本当に素晴らしい演奏とは、料理に喩えると、お腹いっぱい食べたのに吐きそうにならない、またその料理を食べたいと思えるような、そんな演奏なのではないかにゃ〜。
まあ、これは大いに主観が入っていますが・・・。

個人的には、やはりピアノだと美しい音に惹かれますね。
迫力あってもピアノが悲鳴をあげているような演奏は、聞けません。
表現の強さは音量じゃないでしょう。
技術的にすごいことをやっていても、技術が表立っていて、ものすごい速さだったりすると、取り残されて行く気がすることもあります。
あちらは熱演でも、ますますこちらはしらけていってしまう・・・。
しかし、人はいろいろです。
隣ではそういう熱演に感動して涙ぐんでいる聴衆がいたりするわけですからね・・・。
そういう人に水をさすつもりはないんですが・・・。

今日は、日下紗矢子さんのヴァイオリンとアレッシオ・バックスさんのピアノのコンサートにいったんですが、よかったですね。
久しぶりによかったな、と思いながら会場をあとにしました。
ずっと最後まで拍手していました。
ご活躍お祈りしています。特に日下さん・・・。

2010年7月 2日 (金)

草取り

私は元来、土いじりが苦手です。
幼稚園の時にはどろだんごを作った記憶はあるのですが、「お子さんは土いじりができませんね」と問題児?扱いされたことも・・・。
そんな私が暇をみつけては、雑草を抜いています。
仕方なく・・・。
植えたイワダレソウが埋もれてしまっていてはきっとだめになってしまう!という思い一心で・・・。
それにしてもすさまじいこの繁殖力!

木曜日、名古屋の芸大まで往復すると金曜日は疲れていて、今日も朝頭痛がしましたが、温かい緑茶を飲んで少し横になったら治り、雨の降っていない時に少し、草取りしなくちゃ、と庭に出ました。

まもなく、向かいの小学校のチャイムがなり、1時間目が始まるとともに、水泳の授業の様子が聞こえてきました。
うちからはプールが見えるのです。
きょうは、娘の3年生が水泳で、担任の先生の声や、児童の声がにぎやかに聞こえてきました。
どうもビード板を使ってバタ足の練習をしているようです。

私は、実は水泳は大の苦手で、よくずる休みしていました。
息継ぎができないので、横の12mを息継ぎなしで泳ぐのが精一杯。

そんなことを思い出しながら草取りをしていると、「できない人は歩いてもいいで〜す」と先生の声。
私の時代にはそんな感じではなかったです。
歩いてもいいなら、ずる休みしなかったけどな〜。

せっせと雑草と戦いながら、娘の水泳が終わる頃、日も照りだしたので、こちらも終わりにしました。
子ども達の歓声を聞きながらちょっぴり楽しい草取りでした。

Photo

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »