« Mogulax ビーズクッション | トップページ | 祭 »

2010年8月28日 (土)

エレーヌ・グリモー

エレーヌ・グリモーが来年1月に来日するというニュースを知りました。
フランスの女流ピアニストです。
多分、私と同じくらいの世代でしょう。

留学時に、パリ音楽院でのエレーヌの噂をきいたことがありました。
その頃は超美少女で、もてはやされていましたけれど、すごい演奏家になったものだと最近彼女に注目しています。

YouTubeで彼女の演奏をいくつか聴きましたけど、ものすごい独創性と集中力があり、胸うたれました。
これは、すごい!

そのグリモーの来日に際しての紹介文が目に留まりました。

「子ども時代のグリモーは学校に行きたがらず、友達がひとりもできず、両親が途方に暮れるほどの問題児だった。やがてひきこもり、自傷癖を持つようになる。だが、7歳のある日、ピアノに開眼し、運命が劇的に変わる。初めて触れた鍵盤の感触に魅せられ、練習しても終りのない、決して完成されることのない芸術の奥深さにほれ込み、もてあましていた全エネルギーをピアノにぶつけるようになる。以後、一気に才能が開花、天才少女と呼ばれるようになった。しかし、孤独な生活は変わらず、ピアノが唯一の心の友だった。」

このことは全然知りませんでしたが、あの演奏からしてみれば、納得・・・。
普通じゃない、何か天才的なものがあるのです。
美しい人ですが、全然それを売りにしない感じ。男っぽくさえあります。

演奏家にも、お友達になれそう、あるいは、なりたいタイプとそうでないタイプがいますけど、私にとってグリモーは遠くからずっとひそかに応援していたい、ピアニストです。

演奏会の詳細はこちらです。

« Mogulax ビーズクッション | トップページ | 祭 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エレーヌ・グリモー:

« Mogulax ビーズクッション | トップページ | 祭 »