« わ・た・し・の・感想 ショパンコンクール本選 2日目 | トップページ | ショパンコンクール 結果に思う »

2010年10月21日 (木)

わ・た・し・の・感想 ショパンコンクール本選 3日目

いよいよ最終日です。
きょうはネットの回線が混んでいるのか?映像がとぎれとぎれ。

一人目のLukas Genisasさん、
美しいショパンでした。落ち着きがあって、しっとりしたショパン。
音も美しく、上質なものを聴いた感じ。

時々映像がとぎれとぎれになるので、全部くまなく聴けたわけではないのですが、完成度は高かったのではと思います。
指が鍵盤に近いところにいることが多いので、無駄な動きがなく、その技術が一種の「美」になっていましたね。素晴らしかった。

2人目のHelene Tysmanさん、
この人あたりから、映像がほとんどぶち切れ状態で、1小節きいたら、途切れて・・という悪い状態で、まともに聴けなくなってしまいました。
ふと、思いついて映像の音を切り、ラジオの音で聴くことにしたのが、もう3楽章に入ってから・・・・。最初からこうしておけばよかった・・・。

前のGeniusasさんとは対照的に腕を大きく使って、指が鍵盤上を舞い上がる弾き方です。
よかったと思いますが、3楽章の1オクターブ間違えて入ってしまったところは大きなミスとなってしまいました。
映像配信がうまくいかなかったため、こちらも集中できなかったので、あまりコメントできません。

最後の出場者、Francois Dumontさん、
今、終わったところ。インタビューでも饒舌、よくおしゃべりになりますね〜〜。
演奏もよかったです。エスプリに溢れ、人間的な感じ。

さて、これからでかけなくてはならないので、このへんで。

« わ・た・し・の・感想 ショパンコンクール本選 2日目 | トップページ | ショパンコンクール 結果に思う »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わ・た・し・の・感想 ショパンコンクール本選 3日目:

« わ・た・し・の・感想 ショパンコンクール本選 2日目 | トップページ | ショパンコンクール 結果に思う »