« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

大晦日

弾き納め、しました!(いつもの練習ですが)
大掃除、さぼりました!(やっぱりできなかった)
お節、少々作りました!

私が子供の頃は、窓ふきをしたり、お節料理を作るのを手伝ったり、忙しい大晦日でした。
お節がこんなにも大々的に売られて、買う人がたくさんいるなんて、時代は変わったなあと思ってしまいます。
私はできあいのものを買うのが、なんだか後ろめたく、ほんの少し、黒豆を煮て、おにしめを作りました。
あとは、くりきんとんや、こんぶなど、詰めます。

大音量で、紅白を観ている娘・・・・。
最後まで観れるかな?
クミコさん、うまいですね。

どうぞ皆様、よいお年をお迎えください。

2010年12月28日 (火)

温泉

娘がキャンプでいないので、羽を伸ばして??川崎に住む、妹のところへ出掛けてきました。
妹とはゆっくり二人きりで話す機会も最近は少なくなってきています。

近くに温泉、「湯快壮快」があるとかで、行ってみました。
歩いていける距離に温泉なんていいなあ!

天然温泉で、いろんな種類があり、ゆっくりおしゃべりしながらつかって、満喫しました。
とっても凝っていた首筋も多少楽になりました。
そこのレストランで食事もしましたが、なかなかおいしくって、大満足。

Img_0082

帰りの電車では爆睡してしまいました・・・。

ああ、練習もしなくっちゃ。

2010年12月26日 (日)

オイルマッサージ

早朝、子供をスキーキャンプに送り出し、午前中はせっせと年賀状作り。

午後、2週間くらい前に予約しておいた、オイルマッサージにいってきました。

凝り固まっている背中や、肩がほぐれるかも〜〜、リラックスできるよ〜と勧められ・・・。

約1時間くらい全身、オイルで丁寧にマッサージしていただきました。
精油の香りもほのかにいい香り。

3週間くらい効用があるそうですが、自覚できるのは3日くらいだとか。
最後の方はリラックスして寝そうになってしまいました。

まだまだ大掃除までは手がまわりません。

2010年12月25日 (土)

いっぱいのプレゼント

コンサートが終わってほっとしたところへやってきたクリスマス。
きのうはキャンドルサービスに教会へ出掛けました。
ろうそくの炎をみつめながら、イエス様のご誕生に思いを馳せました。
声高く、賛美歌を賛美しました。ヽ(´▽`)/

そしてきょうは、娘の楽しみにしていたクリスマス。
なんでも、ツリーの下にプレゼントが山のように置いてあるのが夢!と話していたので、いろいろと買い込んで全部プレゼントにしてしまいました。
洋服、本、靴、ノートなどです。

Photo

音楽を聴きたくなった娘は希望のプレゼントがiPodTouch。
私がもっているので、欲しかったのでしょう。

娘は多くの同じ年頃の子が持っているDSを持っていないので、音楽を聴く、という目的ならいいかな、とかなり高価なプレゼントになってしまいましたが、iPodTouchがメインのプレゼントになりました。

早速、メールも身内に限ってうてるようにし、ボイスメモで自分の声を吹き込み、メールに添付して送っていました。

午後からは1月の新春コンサートの初合わせが、ありました。
初めての合わせなのに、なぜか、お客様!(演奏者の母、近藤先生と山田様)がふたりもいらして、お二方の前でとりあえず、トリオの3曲を通して演奏。
なんとかなりそうな手応えをつかみ、夕方まで和気あいあいと練習が続きました。

私の指もほぼ99パーセント治りました。

2010年12月23日 (木)

演奏者と聴衆

同じプログラムでの三回のホームコンサートが本日終了しました。
のべ、90名ほどの方においでいただき、本当にありがとうございました。
時間をさいて音楽の共有のためにお越しいただいた方には、心より感謝申し上げます。

しかし、いつもながら、あそこはもっとうまくできたはずなのに・・・などとブツブツ心の中でつぶやいています。

宮崎駿監督が、苦労して映画を制作し、「観にきたお客さんに『どうでしたか?』なんてとってもじゃないけど怖くて聞けない」とおっしゃっていましたが、その気持ちよくわかります。

どうでした?ときけば、まあ、日本人ですからね〜、笑みをたたえながら「よかったです〜〜」なんて大抵言ってくれるかもしれません。

しかし、聴衆の方が個人的にどの程度、どんな風に、何を感じたのか、なんて、やっぱり確かめられないのです。
本当に曲の面白さや素晴らしさを少しでも伝えることができたのか、と自問し、う〜ん、まだまだだ〜と。

これまで、大抵のコンサートには、母や妹が来て聴いてくれておりました。
彼女たちは、素人ですが、よかった、悪かった、がかなりわかるもんですから、ズバズバいろいろと言ってくれます。私も信頼しているわけです。

しかし、今回は、母は裏方でしたし、意見は聞けずじまいでした。
「なんとかしてあと○キロやせなさい!」というばかりでね・・・・。

それでも、やはり素敵な曲がまだまだたくさんありますのでね、次回にむけてまた練習したいと思います。
ちょっと珍しい曲も次回は弾きますので、知らない曲に出会えるかと思います。
よろしければ、またいらしてくださいね。

2010年12月21日 (火)

YOSA

昨日、体の調子がいまいちなので、YOSAを試してみました。
初めて・・・でした。体を蒸すというか・・・。
なにやらウエアに着替え、マントのようなもので体を覆い、下から蒸気がでてくるところに座ること1時間。
汗タラタラ。
でも、なんだか、手にはよさそう。
72時間分の運動をしたことになるそうな。
気持ちよかったけど、最後はちょっとつらかったかな。暑くて・・・。

手は大分良くなりました。
でも、今日は背中の凝りが感じられて、ちょっとつらいです。
ソロの曲はまだよいのですが、アンサンブルの譜読みがなんだか、つらい・・・。
譜面をじっとみるからかしら?

そんなで、あまり長時間もさらえないので、午前中は頑張ってクリスマスカード製作。
といっても、パソコンで写真を選んで並べて印刷して、ちょっと一言書いて、送るという作業。
途中でインクがなくなり、ケーズデンキに飛んでまいりましたわ。

お友達はヨーロッパとオーストラリアだからクリスマスには無理かな〜〜。
あとは、年賀状だ〜。

2010年12月19日 (日)

いつの間にか今年もあとわずか

来年1月22日にめぐみ教会で行われる新春コンサートのチラシを今日、手にいれました。

ヴァイオリンの山田真理子さんと、フルートの近藤敬一さんと、デユオやトリオの共演です。
詳しくはHPのコンサートの所をご覧ください。

こちらはまだ、合わせをしていないので、どうなることか、検討もつきません・・・。
初めてのメンバーですし、私自身の譜読みもちょっと進み具合が悪いし・・・お正月返上ですね、きっと。

あと、これまで同じプログラムで2回しましたホームコンサートも、次回の2/26、2/28、3/3の予定を立てました。ご興味のある方はHPでご確認ください。

すでにもう予約もいただいておりますが、ブログの左上に残席状況を載せることにしました。
キャンセルは前日までOKとしていますので、とりあえず、という形でご予約してくださって構いません。

あ〜あ、HPもいろいろリニューアルしたいんですが、それどころではないので、う〜ン、いつやりましょう?
年賀状も、クリスマスカードも、まだだ〜〜〜。

2010年12月16日 (木)

いろいろな思い

Photo

お友達が作ってくださった、ブリザーブドフラワー。かわいい!!
私のイメージだとか・・・。ありがとうございます。

きょうは、ベートーヴェンの誕生日ではないかな〜〜。
生きていたら240歳!

その今日、先週に続きまして、同じプログラムでホームコンサートを開きました。

先日痛めた指のケアのため練習しすぎてはいけないし、しなくても不安だし、といろいろな思いの入り交じった1週間でした。
痛みはだんだんと移動していくものだということを発見。
かばって他のまわりの指が普段と違う働きをするからでしょうか。
薬指がつりそうになったはずだけど、使えないのは中指。
普通と全然違う指使いで弾いたところ多々。

とにかく、ナボリンを飲んだり、体も冷やさないように気をつけて、テープを巻いてみたり、いろいろ試してみました。
うちにある光線の機械も威力を発揮していました。

指のつりは緊張からか、冷えからか、年齢的な衰えか、疲れか、いろんなものが混じって引き起こされたと思いますが、これから、体をケアしながら練習を進めていかなくてはならない、と切に感じました。

お陰で、どこどこの整体がいいとか、オイルマッサージがいいらしいとか、ピラティスがよいなど、いろいろなことを教えてくれる人がいて感謝です。

コンサート終了後、まもなく娘の小学校の音楽集会に出掛けました。
児童がたて笛や、歌をきかせてくれました。
うまいじゃん!みんな、よくやってるわん。
私の演奏よりよっぽどいいわ、なんて、思ってしまいましたわ・・・。

ご来場くださった方々、ありがとうございました。

2010年12月13日 (月)

ゴルラッチの演奏会

10日につくばノバホールにてゴルラッチのリサイタルを聴きました。
経歴からしてもなかなかの実力者だとわかります。リーズの2位とかね。
主催者のお一人も「素晴らしいピアニストですよ」とおっしゃっているのが聞こえてきました。

ゴルラッチさん、正統的で素晴らしい演奏でした。
が、残念なことに、その感動はあまり尾をひかなかったのでありました。

改めて、ジンワリと感動の残るその前の日に聴いた田部さんのすごさが感じられました。
どちらも素晴らしいピアニストです。まあ、年齢的には少々差がありますが・・・。
ゴルラッチはまだ若いし・・。
同じ演奏者の立場からいえば、あまりよくないノバホールのピアノに助けられたところはなく、ちょっとしたミスもありました。
楽器がよくないと気をそがれるというか、本当の意味で乗れないのですよね。
それでもよく仕上げていたと思います。
でも、涙の出るような感動はなかった・・・・。

演奏って本当に難しいと思います。
私はやはり人の心に触れる演奏を目指していきたいと思います。

道は遠かりし、けれど、全精力を傾けて取り組むものですね。

今は、神様から力を抜くことを諭されておりますデス。
つりそうになったところの指がね、うまく使えないのですよ。
ここ2、3日は、指使いの変更とか、ゆっくり弱い音で弾くとか、そんなことをやっておりましたが、木曜日までに治すつもりでおりますよ。

2010年12月 9日 (木)

田部京子さんのリサイタル

都心の演奏会に平日の夜、行くなんてとってもできないのですが、きょうは、名古屋の帰りに浜離宮朝日ホールでの田部京子さんのリサイタルを聴きにいくことができました。

田部さんは私が最も尊敬しているピアニストの一人です。

きょうは、シューマンのソナタの1番を演奏されたので、ぜひとも聴きたいと思っていました。
テクニックと音楽が一体となっていて、エレガントで心にしみいる演奏を聴くことができました。
田部さんには期待を裏切られたことがありません。
本当に実力派だと思います。
そして多くの聴衆が彼女の世界に心地よく浸れるのです。
そこが人気なのでしょう。

また聴きたいなと思いました。応援しています。

きのう、痛めてしまった自分の手を思いながら、私はもっともっと力を抜いて、楽に弾けるようにならなくては!と思いましたね〜〜。

きのうのホームコンサートに関するメール幾人かからいただいております。
ありがとうございます。
励みになります!

2010年12月 8日 (水)

初めてのホームコンサート

きょうは、自宅でのホームコンサートの日でした。
ただいま、ティーカップを洗って、しまいこみ、フ〜〜、っと脱力しております。

おいでいただいた皆様、本当にありがとうございました。
少し時間が予想していたより、のびてしまいまして、m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

いつものことながら、演奏への反省で頭がグルグルとまだ動いています。
なんど本番を積んでも、やはり人様の前での演奏は普段と違いますね〜。

2、3曲弾いたところで、ちょっと指がつりそうになっていたんですね〜〜。
それで、くるみわり人形の前に、手にスプレーしに席をはずさせていただきました。
実はこの指、5月の演奏会の直後、楽屋でつった場所で、それ以来、治っていたんですが、内心、えっ?また?と心の中でかなりショックでした。

よほど神様は「緊張しないで、頑張りすぎないで」ということを伝えたいのかしらん?
大体、私、緊張型の人間なもので・・・・。
それに手が小さいとどうしてもつっぱてしまいますでしょ?
本当に大きな手の人と変えてほしいわん。

ご来場の皆様には、またご感想などお聞かせいただけたら幸いです。
ちょっと会場が暑かったとか、お茶が行き渡るのに時間がかかってしまったとか、ご意見いただいております。
なんでもお聞かせください。
できる限り改善していきたいと思っています。
宜しくお願いします。

フ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
明日はまた名古屋〜〜。今年最後の芸大です。

2010年12月 7日 (火)

調律

先週の金曜日に調律師さんにきていただきました。

ピアノの調律はただ、音を合わせるだけではありません。
今回、5日先の自宅でのコンサートを念頭においてどれだけこの空間でよい響きになるか、腕を奮っていただきました。

実は、ピアノ、いろんなところが具合悪かったようで、それに合わせようと、弾き方を変えていたのです。
とにかく弱音が難しくて!ソフトペダルをふむしかないかな〜と思っていました。

ところが、調整されたピアノを弾いてみると、今までと大分違う!!
表現の幅が広がりました。
しかし、この状態にまた慣れる練習が必要です。
うう、やりなおし〜〜。

それにしても12月は何かと忙しいですね〜〜〜〜〜。
土曜日は、子供のスキーキャンプ説明会。
日曜日は子供のダンスフェスティバル。
きのうは、家の掃除。
きょうは、いよいよセッティングに練習の仕上げです。

明日、1席、お席ございます。あ、予約なしではいらっしゃらないでくださいまし。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »