« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

マイナス8度

つくばは冷え込み、マイナス8度になったようです。
朝、トイレの水が流れない・・・・・えッ??
ガ〜ン、水道管凍結です。

家中の水がどこも、出ません。
どうも外につけたFFC活水器の中で水が凍ってしまったようです。
レンジでチンして肩にあてるものを温めて、その地上にでている管の部分に少しばかりあてて温めてみました。
凍結の場合はお湯で温めると書いてありましたが、お湯を作ろうにも水が出ないので、どうにもできません。

午前9時半すぎ、ようやく水が出ました。
今晩も怪しいので、管にプチプチを巻いてきました。

寒いですね。

2011年1月27日 (木)

好奇心をもって

冷え込みの厳しいきょうは名古屋。

愛知芸大のレッスンでは、ピアノ専攻と、ピアノ副科と室内楽を担当していますが、きょうの室内楽の時間では、面白い曲を持ってきた生徒さんがいました。

池辺晋一郎氏、作曲の「象的修辞法〜チューバとピアノのために」
です。
本当は前もって楽譜を渡してもらうことになっているのですが、きょうのそのグループは急に共演者の都合で曲が変わってしまったため、私は見も聴きもしたことのない曲をレッスンするはめに・・・。

この題名と手書きの譜面をみて、現代曲だし、「私にわかるかな?」とつぶやいてしまいました。

でも!!曲を聴いてみたら・・・・・
難しそうな名前がついていますが、要するに「象さん」のことなんですね。
生徒さんの演奏、実に楽しく聴かせてもらいました。
本当に「象さん」なんですよ〜。
言葉でいってもわかりませんよね〜。
いやぁ、楽しかった〜〜。また聴いてみたい・・・。
なんという世界だ・・・・。

クラシックは難しいとか、聴いたことのない曲はわからない、という方も多いかと思いますが、何の下調べもせずに、真っ白な気持ちで知らない曲を聴いてみてください。
そこに何かしら伝わってくるものがあります。

今度、ホームコンサートで弾く曲は音楽家の友人でさえも、「聴いたことないわ〜」という曲が結構あるようです。
私にとっても出会って間もない曲もあります。
その曲に出会ってみたら、これまで知らなかった世界に触れられるのです。

ワクワクしませんか?

いつも食べてるスタンダードなメニューもいいけど、食べたこともないような料理を食べるつもりで、どうぞまたコンサートにおいでくださいね。

残席、2/26土曜日が少なくなっています。お早めにどうぞ!

2011年1月26日 (水)

乳がん検診

月曜日に一日寝ていた時には、ごはんも食べず、ピアノも弾かなければ一日は長いもんだな〜と思いましたが、インフルエンザではなく、胃腸炎のようなものでしょうか。
きのうの火曜日からなんとかまた日常に戻りました。

きょうは、前々から予約してあった、初めての「乳がん検診」でした。
着替えて、自分での触診と問診、はさまれて、がまんして、終わり!

初めてきた、メディカルセンターでしたが、検診のフロアの一角にお茶のサービスがあり、筑波山を眺めながらコーヒー飲んで、帰りました。

明日は、名古屋。
試験まで後2回。休めません!

2011年1月24日 (月)

一日中、ダウン

朝、起きたら、なんだか気分が悪い・・・。
両親の感染性胃腸炎が移ったみたい・・・・。

それからず〜〜〜と夜までベッドに寝ていました。
午後からは熱もあがり、つらい状態。
朝に、りんご1個、昼間は何も食べたくなくて、お茶だけ。
夜にりんご1個。

熱だすのは、久しぶりです。
明日は元気になれるでしょうか??

2011年1月22日 (土)

新春コンサート

めぐみ教会での新春コンサート、終わりました。

Photo

留学から帰ってこれから活動開始!というヴァイオリンの山田真理子さん、
パリに留学して音楽の道を極めようとしていましたが、方向転換されて、現在はお医者さんをされているフルートの近藤敬一さん、
そして、私の3人組です。

きょうは午前中に子供対象のコンサート、そして午後は大人対象のコンサートでした。

子供たちのコンサートでは、子供も机をたたいて、演奏に参加する試みが大成功。
のりもよく、普通の子供達にありがちのリズムがだんだん速くなってしまうこともなく、本当に会場全体の一体感のある楽しい時間を持てました。

終演後、年長の園児たちが一人一人、スイートピーの花束を渡してくれました。
私は5人くらいの子供達から受け取りました。
こんなこともきっと子供達の心の中に楽しい思い出として残るといいなぁ〜〜。
先生方のご配慮ですね。
感謝です。

終わった後は、なんだかケーブルテレビ用とかで、インタビューがありまして・・・・。
話はあまり上手ではないので、後に私がしゃべっているのを映像で見たら、きっとギャ〜〜です。

お客様は満足されたでしょうか?

でも、演奏した私たちはお互いに励ましあったり、冗談を言って、場を和ませたり(特に敬一さんね!)3人組は連帯感があって、とっても楽しいひとときでした。

ご来場くださった皆様、ありがとうございました。
そして、企画してくださった先生、教会スタッフの皆様、ありがとうございました。

犬の具合がよくないから、とコンサートに来れなかった両親のところに帰りに寄ってみたら、両親とも発熱しており、なんだか、具合悪そう・・・。
犬の見舞いに川崎から飛んで来た妹がおいしい肉だんご汁を作って待っていてくれました。

2011年1月19日 (水)

YOSA通い

とにかく、体を温めよう!
絶対に体調をくずせないし、無理もしないようにしなきゃ。
土曜日のコンサートに向け、体調を整えています。

月曜日、午前中はアンサンブルのリハーサル、午後は凝ってしまった肩や首をほぐしに針、そのあとレッスン、Kくんと連弾を録音(少しずつ連弾を録音して記録を残してあげようかと)。娘のおけいこごとの送り迎え。

火曜日、ゆっくり練習。夕方、娘のおけいこごと送り迎え。
待っている間にきのうのリハーサルの録音をチェック。

きょう、水曜日、練習。
またまた肩や背中が凝ってきた・・・。
夕方からYOSA。
娘もすっかり気にいってしまって、30分くらい汗かきながらすっぽりとケープに入っています。

明日はまた、朝、早い木曜日です。
大学も年度末の実技試験まであと三回のレッスンです。

2011年1月15日 (土)

エレーヌ・グリモー リサイタル

キッザニアのあと、風邪気味でしたが、葛根湯をガブガブのみ、YOSAに行ったら、すっかりよくなってしまいました。
娘も咳と鼻の症状があったのに、YOSAで、劇的によくなりました。
やはり、体を温めることですね!!

きょうは、一度生演奏を聴きたいと切望していたエレーヌ・グリモーの演奏会に、神奈川県立音楽堂まで行って参りました。
17日のサントリーホール公演は平日の夜でいけないので、わざわざ桜木町まで足を伸ばしました。

グリモーさんのいくつかのCD、you tubeの映像で演奏には接していましたが、生演奏は初めて・・・。
期待度も大きかったかもしれません。

何年ぶりかに訪れる県立音楽堂は、満席。
プログラムはモーツアルトのソナタ、ベルクのソナタ、リストのソナタ、バルトークのルーマニア民族舞曲。
ドレスでなく、パンツ姿で登場したグリモーさん。

情熱的な音楽創りは、期待を裏切るものではありませんでした。が・・・・・・・。
思っていたような美音ではありませんでした。

最初のモーツアルトからして、かなり骨太な作り。
うっとりするような音色で聞かせるタイプではないのかもしれません。

曲が進んでいくにつれ、だんだんピアノが締め上げられたような音になっていき、私の耳が閉じて行くかのように、音をキャッチしなくなっていってしまいました。

昔、大阪シンフォニーホールでチェルカスキーを聞いたことがあります。
その時はだんだんと私の耳が開かれていき、最後の方には、一番安い席(舞台から遠い席)にいたにもかかわらず音が私の耳元、近い感じで美しく鳴っていることに大きな驚きを覚えたものでした。

今回は、それと反対。
音量は鳴っている。でも、だんだん私の耳から離れて行く・・・。
聞こうと意識するのですが、つながることができませんでした。

聴衆の反応はすこぶるよく、アンコールも2曲。
CDを買ってサインに並ぶおじさま方の長〜〜〜〜い列。

ふ〜む。
考え込んでしまいましたよ。私がおかしいのか?
力のあるピアニストであることは勿論ですが、私の心のツボにはまる、というのではなく、残念ながら感動できないまま、帰ってきてしまいました。

力は認めるけど、すごく共感した、とか、すごく好き、とかいうのではなかった・・・。

ベルクは譜面を見て弾いていました。確かに暗譜で弾くのは怖い曲なのかも・・・。

私は、やはり「音」そのものに好みがあるのでしょうか?
なんだかもやもやしています。

2011年1月 8日 (土)

キッザニア東京

せっかくの冬休み。
前々から予約していたキッザニア、初体験です。

娘の幼なじみと一緒に二組の親子で行きました。

初めてでよくわからないながらも、なんとか5つのパビリオンをこなすことができました。
中でも面白かったらしいのは、救急救命隊。

Photo

心臓マッサージの訓練を受け、道に倒れている子供に、心臓マッサージ、AEDを施し、担架に乗せ、救急車で運ぶというもの。
結構、リアル〜〜〜。

そして、消防士。こちらも大人気のようです。
号令の練習などしていると、突然電話のベルが鳴り、大急ぎで服を来て出動です。

Photo_2

写真は放水作業。

私は「ついてくるな」と言われながらも、カメラを持っておっかけに忙しかった・・・。

パイロットの仕事もしましたが、酔ったらしく、いまいち、という感想でした。

帰ってから娘は「人の命を救う仕事がしたい」な〜んて言っておりました。
ほぉ〜〜。

2011年1月 6日 (木)

メールの嵐

小学校は休みだというのに、大学はもう始まってしまいました。
名古屋行き〜〜〜。
うう、こんないに寒い日は早朝に起きるのもつら〜〜い。

娘にiPodTouchをクリスマスプレゼントにしたもので、メールができるようになったものですから、娘から私に朝からメールの嵐でした。

ちょっと文学少女?なもんで、文章を作るのが大好きです。
「ちゅまんない」「退屈」とか、30通くらいメールがガンガン来る

帰りの新幹線でも寝ていて返事しなかったら「NOコメントでいらっしゃいますか」・・・と。

まだ身内としかメール相手がいないからいいものの、これから先、ちょっと心配かも〜。
まあ、携帯電話ではないし、パスワードでロックもできるから、なんとかするしかない・・・。

きょうは、全然練習できなかったので、またあす頑張らねば!

2011年1月 5日 (水)

アンサンブルの楽しさ

きょうは、ヴァイオリニストの山田真理子さんと、今月の22日に土浦めぐみ教会での新春コンサートのデュオの合わせをしました。

モーツアルトに、ドヴォルザークに、ブラームス。

お互いの演奏を知らない者同志がアンサンブルをするのは、どうかな〜〜と最初、不安もありますが、真理子さんの正統的な解釈と自然な音楽作りに共感でき、スムースに合わせが進みました。
とは、いっても、意見を出し合ったり、自分の不安な箇所を見つけて、慌てたり・・・と、いろいろあります。

最近暗譜で弾くことが多かったのであまり気づきませんでしたが、アンサンブルでは楽譜を見ますから、弾く時の首の角度がちょっと違います。
(私はあまりソロでも上を向いたり、顔芸はしない方なんで、ずっと最近は下をみていたわけです。)

しかし、楽譜を見ながら練習していたら、なんと、肩から首がカチカチで、首が肩にめり込んでいるような感覚!
こりゃまずい、と昨日はまた針ですわっ。
そのお陰できょうは、乗り切ることができました。

私はアンサンブルは好きな方で、特に弦楽器が好きです。
幸い、これまで相手と合わなくて困った経験はありません。

一人で弾く時はかなりがんじがらめになってしまうことがありますが、アンサンブルはやはり相手あっての共同作業なので、自分しか見えない状態になると危険です。
そういう意味では、フレキシブルでいる必要があります。

今回のプログラムはどちらかというと、玄人好みの曲だと思いますが、力を合わせて名曲の素晴らしさを伝えることができるように、がんばります!


2011年1月22日(土曜日)
子供のためのミニコンサート  11:00開演  全自由席  500円
新春コンサート  13:30開場  14:00開演  全席自由  1500円
場所:土浦めぐみ教会
主催、お問い合わせ  土浦めぐみ教会  TEL:029-822-2244
LDN03144@nifty.com
出演者*山田真理子(ヴァイオリン)、近藤敬一(フルート)、米川幸余(ピアノ)
プログラム*モーツアルト:ヴァイオリンソナタKV.304,ドヴォルザーク:ロマンティックな小品Op.75-1,2、ゴベール:タランテラ、ブラームス:ヴァイオリンソナタ第2番、ドップラー:アメリカの主題による二重奏曲Op.37

子供のためのコンサートはかなり短いもので幼稚園児くらいが対象かと思われます。
普通は未就学児はご遠慮くださいというのが多い中、小さなお子様にこそ、楽しんでもらえたらというコンサートです。
でも、短いので、小学生でも音楽に興味のある方は、午後の方をお勧めします!

2011年1月 2日 (日)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さてさて、元日は両親宅に入り浸り、食べまくりました。

Photo

午後になって初詣に行こうということになり、(教会には行っておりますが、クリスチャンにはなっていないので・・)筑波山を目指したところ、麓の方ですでに渋滞の兆しが見られ、これでは着いた頃には日没だ〜っと思い、急遽引き返し、別の神社へ。

一の矢八幡神社も、なんと参拝の列ができておりました。
朝はもっとすごい人だったそうで、出直してきた、という方もいらっしゃいました。
たき火などもあり、正月気分満喫。

夜は娘の希望で「人生ゲーム」大会。
いつも、後でね、また今度ね、と言っていたので・・・。

そして、正月2日めの今日は日曜日でしたので、教会へ行きました。

帰りには西武の初売りの様子を見にいってみました。
福袋、すごいですね〜〜。
でも、気にいったものだけを買いたい私は、やはり福袋は買わず仕舞い。
年末にプレゼントされた商品券があったので、私のお気に入りのお菓子、高砂やのエコルセを買って帰りました。

さあ、まずいまずい、練習、練習!!!

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »