« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

忙しい一日でしたぁ

きょうは、おとといと同じく、piacasa、HomeConcert。
雨の中、お越しいただいた、お客様、ありがとうございました!!

友人に囲まれて昼食を済ませ、午後は子供の授業参観&懇談会。
外は雨からみぞれに変わり、寒い一日となりました。

夕方、Kくんのレッスン。
その後、子供のおけいこごとの送り迎え。
フ〜。

2011年2月27日 (日)

やっぱりダメか、花粉症・・・

そろそろ花粉の飛散量が多くなってきたのか、マスクをしている人がグっと増えましたね。
エアープロットに、YOSAと、万全?の対策で臨んでいたのですが、ついに夕べから軽く症状が出ています。ガ〜ン。
ホームコンサートで花粉症に苦しんでいる方にエアープロットいいですよ〜なんて勧めて言ったのに。

今朝からくしゃみに鼻水。
去年の薬が1錠残っていました。
明日、またコンサートなので、明日使います・・・。
トホホ。

2011年2月26日 (土)

HomeConcert

PiacasaでのHomeConcert、終了。
がらんと寂しくなったピアノ室。

Img_0164_2

ご来場いただいたお客様、ありがとうございました。
あと2回、ありますので、頑張ります!
いや、頑張るというか、力を抜く、というか・・・。私の場合・・・。

2011年2月23日 (水)

ちょっとしたことの重大さ

もうびっくり
まあ、腰はまだ痛いのですが、きのう調律したもらったピアノを弾いているとこれまでより、疲れない。
不思議。

前回、12月に調律してもらった時は、それも信頼している調律師さんだったのですが、大分音がうるさくないように抑えられてソフトな音になっていたようです。
その時は、それがよかろう、と思ったもので、そのピアノに慣れよう、としていたわけですが、12月の初日のHomeConcertで指を痛め、それ以来、ず〜と、年のせい、疲れがたまっているせい、と自覚しながら、針や、YOSAや整体など、いろいろケアをしている状態でした。

毎日、練習したらだんだん首が肩にめりこんでいくような感じで、疲れた〜となっていました。
ちょっとしたことですが、多分鍵盤の重さのグラム数は関係ないことだと思うのですが、何か無理をして弾いていたようです。

全然、気づきませんでしたが、きのうの調律、調整の後、今日練習してみて、このピアノの鳴り方は、ちょっと以前と違います。
なんか、ピアノに弾かされる感じ。音もスカッとしてる。
ほ〜んと、不思議。

高木さんがおっしゃっていました。「楽に弾けるようになるはずです」と。
そうでした!

腰はまだ痛いですがね・・・。
ある人が言っていましたよ。
「だから、できない」じゃ、なくて、「でも、やるんだ」という人に運はむいてくるって。
何が何でもやりますよ〜〜。
腰が痛かろうが、なんとかピアノの前には座っていられますからね。

2011年2月22日 (火)

調律

きょうは、タカギクラヴィアの高木裕さんがうちのピアノの調律にきてくださいました。
知るひとぞ知る、あの高木さんです。

高木さんの著書はこちら。
左の本は、素人にもわかりやすく、大変評判になっているようです。

Img_0163

高木さん、一服もしないうちにぱらぱらとピアノを弾いてみて、まだ、何にもおっしゃらないけど・・
こちらは「ちょっとぎっくり腰になってしまって、弾き込みをしようと思っていたんですがぁ、ここ2日くらいあまり弾けなくって〜」と言い訳モード。

そのうち中休みのような感じの時におじゃましたところ、
「このピアノの素性がわかってきましたよ。1987年製ですね。弦は一回張り替えてある。・・・・」
タカギクラヴィアさんにある、数々の名器にはかないませんが、かなりいい線いっているらしく、及第点をいただきました。
本当は、横に置いてあるB型の方が、年代的にはよいそうな。こちらは1975年製。

「お金持ちの奥様のサロンに行くと、部屋はよくても楽器が小さかったりするけど、ここはいいね。箱(空間)もいいし、楽器もいい。」

ふふ、そこで、私は最高の調律によって最高の演奏を目指して、頑張っているのであります。

調律と調整をしていただき、空間も褒めていただき、最後には「案外近いからまた呼んでください」と言っていただけました。

その後、ピアノを弾いてみましたら、お!陰影がよりつきやすく素晴らしい!
なかなか!おぉ!と感激しまくり、ギックリ腰のことも忘れて40分くらい夢中で弾いてしまいました。
明日からの練習がまた楽しみです。

ピアノの調律なんて誰がやっても同じだと思っている方、いませんか?
違うんですよ。
ピアノの音だって弾く人によって全然違うでしょう?

2011年2月21日 (月)

コウケントーの光線

ぎっくり腰のため、きょうもまた、針治療ですわ・・・・。
針から帰ってさすがにきょうは練習しなきゃ、と思ってちょっとはしましたが、だる〜い、ねむ〜い。
腰もやっぱりまだ、いた〜い。
で、光線の機械、登場。
この機械には本当にお世話になっています。
カーボンを接触させて、光線を出し、温めるので、気持ちよいです。

Img_0162

こんな調子でどうなるんだろ〜〜。

2011年2月20日 (日)

軽いギックリ腰

おとといから、な〜んとなくおかしかったんですが・・・・・

きのうは、午前に針に行ったのに、夕方、ちょっとしたものを動かそうとしていたら、クッ、腰がちょっとばかりやられてしまいました。

そのあと、YOSAにいき、温めたのですが〜。

そんなにハードにしていないのに、なんとなく、疲れがたまっているのか、顔もまたヒクヒクするし。

きょうは、それでも教会へ行き、帰りはな〜んとなく、リフレッシュも含めて外食!となってしまいました。
近くの丸源の肉ラーメンです。

Photo

先日、両親が娘と行っておいしかったらしく、教えてもらいました。
とっても元気のよい感じのよいお店でした。
おいしかった〜。
顔から汗が出ました〜。

2011年2月19日 (土)

電子音は苦手

先日から使い始めた新しいHITACHIの洗濯機、私はこれを「Mozart洗濯機」と呼んでいます。
お知らせのメロディにMozartのワンフレーズが使われているから・・・です。

でも、トルコ行進曲付きソナタの第1楽章の冒頭がH-Dur(ロ長調)で流れると、ウッとなってしまいます。原曲はイ長調なんで。
娘も絶対音感があるので、「レミレファ〜ファ」なんて歌うし。

また、これもつい最近買ったおそうじロボット、ルンバ。

こちらも、電子音でいろいろ教えてくれますが、どうもいけないのは、「ドミソド、ドファ〜」というメロディ。
ドミソと始まったらハ長調だと思うじゃないですか?
それが、ファで終わるなんてありえな〜い。
ヘ長調のドミナント→トニックと理解すればいいのでしょうかね〜。
とにかく、これを聞いた時は、娘と一緒に「まぬけ〜〜」と大笑いしてしまいました。
落ち着くべきところに落ち着かない、という変な感じを感じ取っているのですね。

ドミナントからトニックへの解決、ハ長調で言えば、ソシレからドミソへの解決ですけど、これは本当に人間のどこにこの安堵感をキャッチする遺伝子が組み込まれているんでしょ!と、感動してしまいますよ。

一週間後に迫ったHomeConcertで弾く、プロコフィエフのロメオとジュリエットの曲も、不協和音もありますけど、この解決のカデンツの和音が、たまらなく素敵なんですよね〜〜。
いつも心震わせながら弾いています。

そうそう、先ほどのルンバですけどね・・・
たまにほこりの吸い残しがあったりしますけど、とにかく1日、1度は電池のためにも働かさないといけないらしく、その点では、お掃除回数が増えました。

そして、床のものをどかさないといけないので、自然とその作業をしやすくするためには、おかなくていいものは別の場所へ移動・・・。
大きなビーズクッションもソファーの上に乗っていることが多く?なってしまいました。
でも、まあまあいい感じです。

お掃除の様子を見ていると、そこじゃないよ〜、そこはさっきやったじゃない、なんて小言を言いたくなるので、専らいない時にしてもらっています。

2011年2月13日 (日)

バレンタインチョコ

連休は久しぶりにちょっと余裕のある生活。

しかし!
明日のバレンタインを前に子供が手作りチョコを作るという・・・・

う〜ん、ママは手作りチョコは作ったことないなぁ・・・。

ただ、溶かして型にいれればいいだけかと思いきや、店頭でチョコの包装を読んでみると、温度が高すぎると分離する、とか、風味が落ちる、とか、書いてあります。
では、温度計が必要なんだな・・・。
むむ、1400円もするの?
その横で「チョコレーター」なる商品が1600円で売っています。

どっちがいいかな〜と考えた末、チョコレーターの購入を決定。

チョコを細かく刻んで、チョコレーターに入れて溶かします・・・・。
結構、時間がかかります。
そしてまた、型に入れるのが結構難しい。
なかなかきれいにできないのですが、普通のチョコ、ストロベリー味、ホワイトチョコ、と3種類を毎日1種類づつ練習し?
ついに完成

きょうは、デコレーション。

Photo_2

ピンクのバラは穴があいてしまっていて失敗作。

いやあ、結構手間ひま要りました。
ほとんど娘にさせて、私は監督役だったんですけどね。

明日お友達にあげるそうです。

2011年2月 9日 (水)

ベートーヴェンは難しい

きょうは、愛知芸大の実技試験で採点に出掛けました。

2年生は試験でロマン派の曲と、ベートーヴェンのソナタ1曲を準備しなくてはなりません。

2つの部屋で平行して行われるのですが、私は今日は、ベートーヴェンの部屋。
26人のベートーヴェンを聴きました。
人気があったのは、「告別」。

でも、やはりベートーヴェンって難しいようですね。
あまりベートーヴェンが聞こえてきませんでしたねぇ〜。

疲れたので、おしまい。

2011年2月 6日 (日)

斉藤惇夫 作/「哲夫の春休み」

先日、小学校で講演してくださった斉藤惇夫氏の新刊「哲夫の春休み」を買ってきました。

Img_0159

娘にどうか、とさりげなく渡してみたら、読み始めたようでした。

そして、数時間後、娘からこんなメールが・・・。

「今の時刻は午後の六時三十五分を少しばかり過ぎたところでした。

私はそれまで本当にどっしりと重くて分厚くて長い大きな本を夢中になって読んでいました。
私はその本をお母さんから受け取っておもしろそうだなあと思ったので読み始めたのでした。
私はその本をさも大事な本だというように両方の腕の中に抱え込みました。
そして書斎の机の上にどさりと置きました。

たてにかたむけて読もうとすると本は重くてぐらぐらとぐらつきました。
それなので私は本を横向きに寝かせて読むしかありませんでした。

私は読んでいる途中にこの本を書いた人はすごいなあと思いました。
さし絵はあまりなくてその分だけ話が長く続いているのですが読み始めたらやめられないぐらいおもしろい本でした。
私はこの本を読み終わったらこの本を買ってくれたお母さんにありがとうを言おうと決めました。
こんなにおもしろい本を読む事が出来たのも全部お母さんのおかげだからです。
私は今まででこんなにおもしろい本は一度だって読んだ事がないと思いました。

いくらか読み進めた時に私は目が痛くなったのでいったん読む事をやめました。
読みやめたとたんにお腹がギュルギュルと押し殺したうなり声のようなおかしな音で鳴りました。」

今、39ページまで読んだそうです。
私も、読みたいのですが、まだ読めません・・・。

2011年2月 4日 (金)

ヴァレンタインのディスプレイ

きのう休んだ補講のため、早朝から名古屋へ。
来週の試験前の最後のレッスンです。

帰りの名古屋駅でJR高島屋の楽しいヴァレンタインのディスプレイを見ました。
かわいいチョコレートたち。あまり素敵なので思わず写真に撮ってしまいました。

Photo

少し早く帰れたので、これからちょっと練習しようっかな。

2011年2月 3日 (木)

斉藤惇夫氏、講演会

家庭教育学級にて斉藤惇夫氏をお招きして、小学校で講演会がありました。
テーマは、「メディアに負けない子供を育てるには〜子供の成長と読書」

子供の読書について、有意義なお話を聞くことができました。
10歳までが大事なんだってよ〜〜。

斉藤氏が考えるところの、これだけは小学校を卒業するまでに読んでおきたい本とは次のようなものです。

Photo

娘が幼い時から親が読んであげることの重要性を知っていた私ですが、しばらく読み聞かせはストップしていました。
もう、子供が自分でどんどん読むからです。

しかし、このリストにある、「ライオンと魔女」を私は読んでいなかったので、一緒に楽しむつもりで、また就寝前の読み聞かせを復活させました。
毎晩、1章づつ読み進めて、今はナルニア国物語の第4巻 「銀のいす」に入っています。
面白いです。
映画も見ましたけど、本の方がずっと面白いです。

斉藤氏の講演を聴き、改めて、何が人間に大切なのか、親が子にしてあげられることは何か、また再確認できました。

委員をしていた特権?で、斉藤氏をお送りしてお別れする前に、お食事にも同席することができ、大変有意義な一日でした。

明日は今日、休んだ分の補講で名古屋です。

2011年2月 2日 (水)

いそがしや〜

昨日は子供の小学校の登校班の世話当番、なんてことはない、集団登校の待ち合わせ場所にいって、全員そろうまで見守って挨拶するというもの。

きょうは、小学校の読み聞かせ。早朝の15分を使って読み聞かせをします。
こちらはボランティア。

夕方は地区の見回りの当番。
もうお一人とご一緒に30分ほどご近所を歩いて回り、公園のトイレを点検したり、子供達に帰りましょう~と声かけしたり。

そういえば、一緒に見回り当番だったHさん、花粉症がもう始まっているとかでマスクをしていました。私も例年ならもう出ている季節なんですが、まだみたい。
もしかしたらエアープロットが本当にきいているかも?
そうなら、バンバンザイです。

そして、明日は、家庭教育学級の講演会を予定しているので、その最終確認など。
閉級式もあるので、しゃべらなくてはならないし~~。
あしたは、児童文学作家の斉藤惇夫先生をお招きして講演していただきます。

ピアノの練習はやはり時間が細切れだとやりにくいです。
言い訳かな。

2011年2月 1日 (火)

体のケア

とにかく、元気になりた〜い。
と、きょうは、整体に行って参りました。

最近は、ささない針、YOSA、オイルマッサージ、といろんなものを試していますが、今日は、整体。

きょうの整体師さんは初めてだったんですが、ツボにはまるというか、とっても上手〜〜〜。
どこを押されても「いたきも」の極致。
また、行きた〜い、と思いました。
どこかよい整体をお探しの方、お知らせいただいたら、こっそり教えます・・・。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »