« 落ち着かない日々 | トップページ | 思い出すのは東ドイツ »

2011年3月20日 (日)

教会からも救援

2週続けて行けなかった教会にきょうやっと行けました。

あさって、教会からは福島に向かって救援物資を積んだバスが出て、帰りに避難される方を乗せて帰ってくるということです。
教会の皆さんがいろんなものを寄付していて、スタッフの方達は仕分けに大忙しでした。

福島原発のお仕事に関わっていらっしゃる方の中にも、クリスチャンがいるそうです。
皆で、祈っています。
非難や、怒りや、悪い予想などは追い払い、心を落ち着けて静かに祈ることが大事だと思います。

近くの大型ショッピングセンターイオンは、食料品売り場のみ営業していました。
物は、まあまああります。

教会のH先生ご夫妻は今日が最後、今週、名古屋の教会に向けて引っ越されます。
いろいろとお世話になりました。
H先生の作られた歌は素晴らしいです。
その中でも大好きな歌がこちらです。

生きる

私はいつもこの歌に励まされています。
そのうち、名古屋の大須観音にあるという名古屋福音伝道教会を私も訪れたいと思います。

« 落ち着かない日々 | トップページ | 思い出すのは東ドイツ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教会からも救援:

« 落ち着かない日々 | トップページ | 思い出すのは東ドイツ »