« ショパンのノクターン | トップページ | 手のかかったものに心は動く »

2011年8月17日 (水)

音楽の聖書

断捨離の本を読み、少しばかり机周りを片付けていたら、ずっと前に大切にしまった記憶のある紙切れが出て来た。
シモン・ゴールドベルクの本、講義録が発売されるというお知らせの紙。

出たら買おうっかな?と思っていたもの。
もうとっくに出ている。
早速アマゾンで購入。

41a7zibmxjl_sl500_aa300_

著者のゴールドベルク・山根美代子先生は、私がこれまでに出会った中でも特級の知性と感性の魅力的な方だった。その山根先生と晩年を過ごしたゴールドベルクさん。
山根先生は、ゴールドベルク氏の教えを後世に残そうと、尽力されていた。
この本には、それがたくさん、詰まっている。

山根先生も大変なユーモアの持ち主だったが、パっと開いたページに面白い事が書いてあった。
ゴールドベルク氏はまるで野球には興味がなかったらしい。

テレビのニュースで野球が映っていて、ホームランに満場興奮の場面に、「あんな変な所に球が飛んでいってしまったのに、みなが喜ぶのはどうしてなんだろう?」とゴールドベルクさんは不思議がっていたというのだ。実におかしい。

この本の中には「箴言」という章があり、素晴らしい音楽上の教えが詰まっている。
真の音楽家を目指す人、必読の書。

断捨離には、まだほど遠いが、机周りは少しはすっきりした。
本を買って物が増えたが、これは宝物だ。

« ショパンのノクターン | トップページ | 手のかかったものに心は動く »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の聖書:

« ショパンのノクターン | トップページ | 手のかかったものに心は動く »