« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

早い世の中

BiND5が発売され、買わないか、買わないかとメールが来ます。
この間やっとBiND4にアップデートしたので、そう言われてもね〜。
それに、私のMacは、MacOS10.5.8だし。

facebookを使う人が多くなって、facebookページを簡単に作れるようにしたのもBiND5の売りのひとつのようですね。

私もこのところ、Facebookを楽しんでいます。
ホームページ、Facebook、Blog、Twitterをやっていますが、勿論、使い分けていますね。

非常時に役立ったという話をきいてTwitterに時々つぶやいていますが、こちらは今一どころか、ほとんど自分ではつぶやかず、もっぱら読むばかり。

きょうは、こちらのブログとTwitterをつなげてみました。
でも、どこがどうなったか、あまりよくわかっていません。

なので、ちょっとテスト的に投稿して様子をみてみます。

2011年9月26日 (月)

鬱だって

コンサートが終わって、さぞかし開放感に満たされるだろうと期待していたのに、ちょうど小学校も始まり、運動会や、なにやらで、気をひきしめる状態で、開放感もなにもあったもんではありませんでした。

そして最近は、気がぬけたのか、なんにもやる気が起きず、ついにまた、今日、鍼の先生を訪れました。

「軽い鬱だね〜」
ひゃ〜。そうですかぁ。
なんか、背中とか、固まっちゃって詰まっているような感覚があるんですよね。
困りましたね〜。

断捨離もやるんじゃなかったっけ??
その他、免許の更新、床のワックスがけ、白髪染め、いろいろしなくてはならないことがあるけど、とりあえず、今日は、鍼と美容院。

気分転換になるfacebookも見るばかり。ふ〜。
何かいいこと、元気になれること、ないかな〜。

2011年9月21日 (水)

時を選んで

きょうは、台風。
今、丁度、一番こちらに接近しているみたいです。

今日は上野学園にいく日で、台風のため、時間を繰り上げていつもより早めに駅までいったところ、改札手前で、学生から「休校になりました。レッスンはありますか?」とのメール。
あわてて、引き返しました。

首都圏の混雑ぶりはすごいので、早めに休校にしてくれてよかったです。
それにしても、今年はなんだか、ひどい年ですね。

2日前、実家の愛犬がお★さまになりました。
15歳だったので、大分ヨロヨロして、もう死期が近いことはわかっていました。
夜中に力をふりしぼり、2度鳴いて、それから、逝ったそうです。

ちょうど夜が明けて、その日はポカッと空いていて遊びにいく予定をたてていた日でしたが、急遽、犬のもとへ。(と言っても車で7、8分)
米川家みんなが集まり、お別れすることができました。

それからペット斎場に連れていき、火葬していただきました。

もう、天国についたかな。
こんな台風の日でなくって本当によかった。
とってもおりこうさんだったね、ニフニフ

Photo


2011年9月16日 (金)

CDの反響

コンサートが終わったのに、夜眠れなかったり、何か、開放感がなく、疲れもジワジワと出てくる・・・。
暑さのせいでしょうか?

コンサートの前は特に掃除がおろそかになり、知らぬうちにかびが生えていたところも・・・。

これからは、さわやかな秋晴れの日が続いてほしいのですけどね。

そうそう、CDの反響が少しずつ聞こえてきました。
私の方に申し込んでいただけたら、サイン入りでお送りします。

知らなかった曲が入っていて面白い、と言ってくださった方がいます。
いい曲ばかりですよ〜〜。
私は、好きな曲しか、弾かないのであります・・・。
誰かが「米川さんが選ぶ曲が好き!」と言ってくださった方もいらっしゃいました。

はい、好きなので、気持ちも入ります。しっくりきます。伝えたいと思います。

名曲集というと、砂糖菓子のような、あまったるいものを思うけれど、この小品集は違う!と感激してくださった方もいました。

そりゃ、そうです。
ちょっと知られていない曲や、他には思い入れのある曲をいれましたから。
これでも、3曲ばかり、はねたものがありました。
納得いかなかったもんで・・・。

私としては、全曲終わったあと、もう一度リピートしたいと思っていただけるかどうか、が評価のポイントですね。
うちには、1度聴いてそれきりになってしまったCDが、なんとたくさんあることでしょう。
何度も手にとって聴いていただける、そんなCDをツクリタカッタ!
よろしくお願いします!

2011年9月11日 (日)

調律の技

Photo

前日にリハーサルをして感じをつかんだはずのピアノだったのですが〜。
私のコンサート当日、同じ日の午後に行われた演奏会で、別のピアニストがこの楽器を弾かれました。
調律も入っているはず。
私の演奏会の直前に弾いてみたら、あれ、昨日と感じが違う...こんなはずでは・・・・・・。

「なんか、ちょっときのうと違うんです。私がナーバスになっているせいでしょうか?」と聞いてみたら「違った感じになっていますから、すぐに直します。」と高木氏は応えてくださった。
調律時間、数十分。
そしてもう調律の具合を確かめる時間もない。

高木さんを信じるしかありません。

開演時間がやってきました。
うん、うん、この感じ。
よかった〜〜。

私が選んだのは、調子が悪いと言われていた古い方の楽器でした。
数日前から調子が悪く誰もこちらのピアノを選ぼうとしない状態だったとか。
でも、私には、こちらの方が相性が合うと感じました。
この日には「ピアノの調子も大分戻って来たみたい・・・」とメネジメントの原谷さんのお言葉。

コンサートも無事、終了することができました。
つくば公演でちょっと手がつってしまうハプニングに見舞われましたので、手や、体を休めることに専念した3日間でした。

いろいろありましたけど、ともかく終わってホっとしています。

次の演奏会の予定はたてていませんが、これから勉強するのは、メトネルの別のソナタです。
こちらも難しそうだぁ〜。

ご来場いただきました、お客様、誠にありがとうございました。
手のためにお祈り下さった方、本当にありがとうございました。


2011年9月 9日 (金)

ピアノ選び

演奏会で弾くピアノのことはとっても気にかかります。
明日の演奏会で弾くピアノ選び、そしてリハーサルが、今日行われました。

舞台に並んだ2台のスタインウェイ。

数日前からの情報では、1台はこの夏の暑さで??大変調子が悪い、そうな。
もう一台は、比較的新しいピアノで、最近はこちらが選ばれる事が多い、そうな。

おとといの白石さんのリサイタルでは、新しい方が使われていたそうで、ふむふむ、と思いながら、私は客席で聞いておりました。

選ぶときは、同じ曲のある箇所を2台のピアノをいったりきたりしながら、弾いてみます。
違和感がないか、自分と楽器が仲良くなれるか、慎重に確かめます。

その段階で、調律師の高木氏がいらしてくださるはずだったんですが、1時間時間を勘違いされたとのことで、ピアノ選びが終わった時に、高木氏、登場。

私:「こちらにします。」
高木氏:「そちらを選ぶと思っていましたよ」

レコーディングからのおつきあいですが、高木氏には、私がどんな音を出したくて、どういうピアノを求めているか、お見通しのようです。

明日はどんな音がするでしょうね。
お楽しみに。

2011年9月 8日 (木)

中休み

コンサートの中休みを取っております。
そんな中、伊勢先生からお電話。

伊勢先生とは、ひょんなことで知り合いました伊勢流陰陽五行学の先生、簡単に言えば、運をよみとく占い師。
面白い先生で、なんと私のコンサートの宣伝までブログでしてくださった。

伊勢氏:「あさっては、券持っていない人、買えるんですかね?」

私:「はい、当日券、たくさ〜ん、あります。
先生、ブログで紹介してくださってありがとうございました。それで、『上野公園を散歩して、花束もっていこうっと』なんてありましたけど、何もお持ちにならないで、手ぶらでおいでください。」

伊勢氏:「ああ、その方がいいんですかね〜?」

私:「そうなんです。荷物が多くて、持ちきれないんです」

伊勢氏:「わかりましたぁ〜」

運を読み解く先生ですから、私のこともきっとお見通しかと思い、本音もズバリ言えちゃいました。

コンサートには、皆さん、手ぶらでお越し下さいね。

もう、いらしてくださるだけで嬉しいのですから。

レディ・ガガさんは、ファンの皆さんからのプレゼントをすべて、ご自宅にかざっておられるそう、きっとそんなプレゼントで埋め尽くされているのだと思いますが、それを運ぶのも大変でしょうね。
私は、電車でいきますし、トランクは、ヘアカーラーや楽譜、ドレス、靴、録音機などで、パンパンなのです・・・。

2011年9月 6日 (火)

つくば公演終了

つくばノバホールでのリサイタルが終わりました。
ご来場いただきました、皆々様、本当にありがとうございました o(_ _)oペコッ

この日は13時開演というコンサートで、朝の9時にタカギクラヴィアさんがピアノを搬入。

Photo

感動〜〜。


Photo_2

運んでいただいたのは、1912年製のニューヨークスタインウェイです。
これまで国内外のピアニストに弾かれているすごい楽器です。

こういうピアノでなければ、できないことを知ってしまうと、他のピアノでは、どうしても不満が残ります。
経費をかけても、特別なピアノを弾くというところにだけは意気込みがありましたね〜〜。

ピアノがすごいというのは、どういう感じかというと、12色の絵の具でなく、120色くらい絵の具がある、という感じ。

昔に比べると、無理のないプログラムにしたつもりでしたが、やはり、目標設定が高すぎるのか?なかなか満足に弾けた、とは言いがたい。

調律の高木氏によると、アーティストで満足している人なんか、見たことない、そうですけどね。

恐る恐る、これまで多くのピアニストに接していらした高木氏に「どうでした?」と聞いてみた所、
「クライスレリアーナは難しいから、大抵寝てしまうんだけど、きょうは最後まで寝ませんでしたよ。」

おお、これはもしかして賛辞か???

でも、それにしても、あまりに体への負担が大きすぎます。(年を感じる・・)
明日は体、休ませなければならないと思います。
明日は上野学園、そのあと、知人のコンサートにいってみようかな。

ヘロヘロになっている私を娘が超優しく迎えてくれる・・・。
「まま、がんばったんだね〜。ずっと応援してたよ〜
「聴いてないでしょ?」
「頑張ったって事はわかるんだよ〜。ままの姿を思い浮かべると感動しちゃうんだよ〜」
「そうかい、そうかい。」

2011年9月 3日 (土)

名古屋チャリティの事後報告

8月4日に名古屋で出演させていただいた、震災のためのチャリティーコンサートについて、ご報告。

企画本部の方から、連絡をいただきました。
今回「中日新聞社会事業団に義援金635,255円を寄付する事が出来ました。」とのことです。

コンサートにご来場くださった皆様、そして、さらに義援金募金箱に寄付してくださった皆様、ありがとうございました

まもなく、震災から6か月を迎えようとしています。
まだまだ、苦しい生活をなさっている方のことを思い、何かできることはないか、探していきたいと思います。
ここ、つくばも放射能の心配があります。
目に見えないので、どうしてよいものやら・・。

とりあえず、毎日を精一杯生きます。
生には限りがあるのですから。

2011年9月 2日 (金)

演奏会近し

忙しいでしょ、と会う人ごとに言われます。
来週にリサイタルが迫っていますので。

あまり忙しくはないんですよ。この時期は。
今はリサイタルに向けて整えていく時期で、一番練習がきついのは、1か月〜2か月くらい前でしたかね。
マラソン走る選手が、前日に42キロ走ったりしないでしょ。

それにしても、きょうは、気圧のせいか、朝から頭痛で、薬飲んで寝ていてもなかなかすっきりせず、使い物にならない一日でした。

こんな時に練習してもやはり全然だめですね。
つくづく、ピアノを弾くってものすごく気力がいるな、と思います。
こういう時に嫌々やっても音がくすぶっていて、かえって逆効果ですから。
それにしても、台風、早く去ってください。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »