« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月27日 (火)

今年最後のレッスン

きょうは、とっても、寒いですね。

そんな中、今年最後のレッスンは、はるばる広島から来たAくんの自宅レッスンでした。
Aくんのピアノの先生と、お父様もご一緒です。
なんでも、1月3日に控えたコンクールの仕上げだとか・・。
(こんな時期にあるんですね)

遠くからわざわざいらした、となると、こちらも気合いが入ります。
みっちり?3時間もやってしまいました。
小学校5年のAくんは、へこたれることもなく、頑張って食らいついてきました。

3日までにどのくらいよくできるか、ちょっとたくさんのこと言い過ぎたかな?とも思いましたが、暮れもお正月も関係なく、きっと練習に明け暮れて、仕上げてくれることでしょう。

芸の世界は、本当に休みってないのですよね。

私と言えば・・・ああ、年賀状もまだ、大掃除もまだ、クリスマスツリーもまだ、出てる・・・。
あ〜あ。
練習もしなきゃ。
残り少ない、今年、有意義にいきましょう・・。

あ、あと、この下のアップライトピアノ、買い手がつきました。


2011年12月16日 (金)

中古YAMAHAピアノ売ります!

娘が小さい時、本当に練習できなかった・・・。
焦ってきたころ、夜中に娘を寝かしつけてから練習しようかと思って買ったのがこのピアノ。
消音機能つきで、鍵盤のタッチは普通のピアノのまま、音が出ないしくみになっています。

Yamahapiano

しかし、買ってみたはいいけれど、睡眠を長く欲する体質の私は、夜中に起きて練習する元気もなく、実はこのピアノは、ほとんど弾かれないままでした。

それでも、自分の演奏を録音して再生したり、生徒がコンチェルトを持って来た時には、弦楽器の音stringの電子音にして伴奏を弾いて合わせてみたり、バッハの曲などは、オルガンの音にしてみたりで、結構楽しみました。

今の家にも持って来て、娘のおもちゃとして年に数回弾かれておりましたが、やはりホームコンサートの時に邪魔になってまいりまして、このたび、手放す決心をいたしました。

最近は「ピアノを習っているけど、練習はキーボード」というお子さんがいらっしゃるようですが、手軽なところで、まずはアップライトのピアノで練習してみたい、という方、いらっしゃいましたら、いかがですか?

試弾、見学、OKです。
ご興味おありの方、お問い合わせ下さいね。
ちなみに、椅子、カバーつきです。

2011年12月13日 (火)

ホームコンサート

チェロの渡部玄一さんとのデュオコンサート、終わりました。

いやあ、やっぱり、室内楽ってとっても、楽しいです。

前半の小品は伴奏でしたけど、特に気持ちが高まるのは、やはりサン=サーンスの「白鳥」ですね。
私は、この曲、結構難しいと思うんですよ。
でも、今回、渡部さんの音の運びに共感しながら、気持ちを込めてひく事ができました。
あとで、聞いた話ですが、渡部さんも何度も弾いてよく弾けるようになったけれど、昔は弓が震えた・・と言っていました。
ピアノの伴奏も、適切な音量で、なめらかに弾くのは難しいです。

カサドの親愛なる言葉は、スペインの魅力たっぷりの曲。
私は、今回初挑戦でしたが、こちらは間の取り方をチェロに合わせるのが、楽しい・・。

昔、指揮者の岩城宏之さんとショパンのコンチェルトを弾かせていただいた時、「僕はね、昔、アルゲリッチとこの曲をやったことがあって、どんなにルバートされても、ピタッとつけることに快感を覚えながら振っていた」という話をしてくださいましたが、私もそんな感じですね。
私の場合はほとんど、チェリストを見て、あわすということはありません。
気配を感じ取るのです・・・。

メインのベートーヴェンの3番のチェロソナタは、私のリクエスト。
ものすごく、好きな曲です。

ベートーヴェンは、あまり弾かない(弾けない?)私ですが、この曲は、ぜひぜひ、と、今回取り上げました。

渡部さんのトークも面白く、とっても魅力的な彼の人柄が出ていると思うのですが、やはり、音をきけば、わかります!
なんと豊かな創造性に満ちた、心に届く(響く)音が紡ぎ出されていることでしょう。

ですから、一緒に弾いていてとっても、楽しいのです。
そしてものすごく、真剣なんですよ

また、こんな曲もやりたいね〜っと話は尽きないのでした。

本日、ご来場くださった、皆様、本当にありがとうございました。
また、ぜひぜひこの親密な空間で、音楽を分かち合いましょう!

次回は、ヴァイオリニストの横山奈加子さんをお迎えして、2月4日に行います。
また、勉強しなくっちゃ!!

2011年12月 5日 (月)

おいしいスッキリコーヒー

コーヒーが好きな私ですが、特殊な水で、洗ったコーヒー豆を取り寄せてみました。
スーパーのコーヒーでもいいこともある私ですが、今回は、当たり

香りがいいとか、味わい深いコーヒーには出会いましたけど、このようなスッキリ感のあるコーヒーは初めてです。
何かが、違う!
なんだか、何倍でも飲めそう。

とっても感激したので、マスターにメールを送りました。
あと、気になったのが、このラベル。

Photo

ピアノのデザインではないですか!
そのへんも聞いてみたところ・・・・

マスターからお返事をいただいてしまいました!

『コーヒーの袋のラベルですが、私はクラシックが好きでよく聞くのですが、何かの本に、
「コーヒーのブレンドは、クラシックのハーモニーに似ている。」
と書かれていて、なるほどと思い、ピアノを使ってデザインしてみました。』

おお、素晴らしい
そして、なんと、私のCDにご興味を持っていただき、CDを送ってくださいとのこと。

先日、読んだ共鳴の法則を「感じて」しまいましたよ〜〜。

素敵なものを皆さんと、シェアしましょうね!

おいしいスッキリコーヒーは、こちら桜井珈琲で、ご購入いただけます。

あ、スッキリコーヒーと名前がついているわけでは、ありません。
あしからず!

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »