« コンサートへどうぞ! | トップページ | ドビュッシー 音楽と美術 ブリヂストン美術館 »

2012年8月11日 (土)

フォーレの至福

きのうのフォーレのコンサート、終わってダラ〜っとしています。

ご来場いただきました、皆様、ありがとうございました。

ベーゼンドルファーのピアノがピッチが445にあがっていたらしく、調律師さんは、必死でした。
大体、年に何度かしか弾かれないピアノを2時間くらいでよい状態にと要求するのが無理がありますね。
それでも、しっかり調整していただき、あとは、自分がピアノに慣れるようにリハーサルです。

リハーサルでは、自分たちの音がきこえにくいという状況に苦しみましたが、徐々に耳を慣れさせていくよりほかありません。
私は久々に弾くベーゼンドルファーだったので、普段は気にならないペダルが気になってしまったり、響き方がスタインウェイとは違うな〜と改めて思いました。

本番前、楽屋では、おにぎりをほおばり、プリンやチョコケーキなどのスィーツも食べ、強壮剤や(あ、私じゃないです)、コーヒーを飲んで備えました。

前半はピアノソロとチェロとのデユオ。
後半が、メインのフォーレのピアノ五重奏曲第2番でした。

いやあ、スリリングでした。まったく。
すばらしいメンバーでした。
弦楽器の皆さんの音にしびれました。
フォーレのこの曲、すごいって感じながら、弾いていました。

音楽で会話できるって本当に楽しいんです。

打ち上げして、メンバーと盛り上がり、また、やりましょう!なんていう話も出て、有頂天に。

興奮してすぐには寝られず、きょうは、もうぐったりです。おやすみなさい。

« コンサートへどうぞ! | トップページ | ドビュッシー 音楽と美術 ブリヂストン美術館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

都合がつかずに、演奏会に行けませんでした。とても残念です。ビオラの方の演奏も、王子ホールで聴く機会があって、すばらしいと思っておりました。私事ですが、フォーレのピアノ五重奏曲は、とても思い出のある曲です。30年前に、つくばに結婚して越して来たときに、少ないお給料でその頃初めて出たCDを買おうということになって、二人で選んだCDが、フォーレのピアノ五重曲でした。ジャン・ユボーとヴィア・ノヴァ四重奏団のものです。米川さんの演奏会に行かせていただいて、とても素敵な演奏をなさる方だなあと思っております。米川さんのフォーレ、聴きたかったです。また、演奏してください。当日の録音があったら聴いてみたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォーレの至福:

« コンサートへどうぞ! | トップページ | ドビュッシー 音楽と美術 ブリヂストン美術館 »