« フォーレの至福 | トップページ | 10/5と10/8 ホームコンサート »

2012年8月23日 (木)

ドビュッシー 音楽と美術 ブリヂストン美術館

ブリヂストン美術館で開かれているドビュッシー 音楽と美術に炎天下の中、出掛けてきました。
ドビュッシーは、好きな曲もありますけど、私には、それほど心をわしづかみにされたり、のめり込んだりする作曲家ではないです。

ですから、まあ、ちょっとした興味で、出掛けたわけです。

その時代の絵など、素晴らしいものもありましたけど、それが観られるとは知らずに行って、感激したのは、映像の「水の反映」の自筆譜(1ページ)を観ることができたことです。

曲がちょうど盛り上がるところで、音符が細かく描かれていて、美しい譜面でした。
ずっとその楽譜を前にして、その曲を頭の中でならしてみたのですが、思いがけず、涙が出て来てしまいました。
自筆譜を観ることができた感動です。

どの絵もその自筆譜に比べたら、かすんでしまうほどでした。

サーカス、カフェ、劇場を愛したと言われるドビュッシー。
きのうが、生誕150年のお誕生日でした。

« フォーレの至福 | トップページ | 10/5と10/8 ホームコンサート »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドビュッシー 音楽と美術 ブリヂストン美術館:

« フォーレの至福 | トップページ | 10/5と10/8 ホームコンサート »