« 常陽新聞記事 | トップページ | リサイタル終了 その1 »

2014年9月10日 (水)

関西演奏旅行

久しぶりに関西へ演奏しに行きました。

茨城〜神戸の便があるということで、初めて地元の空港を利用してみましたよ。
茨城空港、着いて見たら飛行機、1機もいない小さな空港でした。
Photo_4
コンサートの時に休憩中に皆さんに食べていただけたら、と空港でかりんとう饅頭をおみやげに買い込みましたよ。
海の上でなく、内陸の上を通る路線でしたから、丁度窓際でしたし、しばらくは下をみていたのですが、そのうち雲で見えなくなりました。
神戸空港に着く手前にはかなり飛行機、揺れました〜。
神戸空港から三宮のホテルへ直行。
夕食時でしたので、お食事に出掛けました。
お食事セット2980円という案内を見て、このへんでいいっか〜とお店に入りました所、結構「イイ」お店でした。
チャンピオン神戸牛とかで120g、8000円というのが最低のお値段でそれにお食事セットなのでした。
一瞬たじろぎましたが、まあ、これも何かのご縁と思い、、そちらをいただきました。
Photo_5
さすが、品質がよい!素晴らしいお肉でした。
大変満足して帰りました。
さて、翌日は西宮北口の松尾サロンへ。
エレベーターで立つのが右だったり、やんわりと感じられる大阪弁や、昔懐かしのあずき色の阪急電車、関西だな〜と和みながら、向かいました。
Photo_6
今回は知人、友人がたくさんかけつけてくださいました。
幼稚園の時から知っているおばさま、小学1、2年生の時のピアノの先生、中学生の時の英語と音楽の先生、中学校時代の同級生、神戸サロンコンサートでお世話になった方、若い頃から知り合いの調律師さん、留学の時に飛行機でお隣に乗り合わせてお友達になった方など、本当に皆様、お一人お一人がご挨拶申し上げたい方々でした。
今回のプログラムを弾くのは2回目でしたが、1回目のズタボロとは違って、皆さんに笑顔で帰っていただけるようなコンサートとなりました。
ほんわかした関西の雰囲気に包まれて緊張感もあるのですが、弾きながら感謝の念が湧いてくるかけがえのない時間でした。
そのあと、お二方、個人レッスンをさせていただき、若いかたとの交流を深める事も出来ました。
夜、新大阪に出て、帰路につきました。
お世話くださった先生が持たせてくださった手作りのバナナケーキをいただきながら、しみじみとまた行きたいなぁと思った関西でした。
家に帰りましたらおびただしい家事が待っておりました。

« 常陽新聞記事 | トップページ | リサイタル終了 その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関西演奏旅行:

« 常陽新聞記事 | トップページ | リサイタル終了 その1 »