« いちご | トップページ | 近視人の老眼 »

2020年1月26日 (日)

PTNAステップ in 桜木町

PTNAステップのアドヴァイザーをさせていただきました。

今回の会場は桜木町のKAWAIで、江口文子先生、海瀬京子先生とご一緒でした。

朝10:00〜夜7時まで、36組の方々の演奏を聞き、講評にペンを走らせました。

受験を控えている、試験を控えている、本番を控えている、という方が多くいらっしゃいました。

若い方が熱心に勉強することも嬉しいですが、それ以上に大人の方、音楽大学を出ておらず、ピアノに向かっていらっしゃる方の演奏にはびっくりすることがあります。

今回も素敵な演奏がたくさんありました。

音楽への愛に溢れていて、単に楽しくという自己満足の世界を超えてさらに高みへ登りたいという探究心を感じます。

講評を書く時にはお恥ずかしいことに漢字がすぐに思い出せず平仮名になってしまったり、とにかく思いついたことを早く書こうとするあまり乱雑な字になってしまったりですが、ステーションの方々の差し入れに助けられて?最後まで集中力を切らさずに書くことができました。

練習の時には自己批判をしながら進んでいくのですが、元来褒め下手なところもあって、私のコメントは厳しいのではないかと思います。
でも少しでもお役にたてたらと思います。

江口文子先生が講評の時におっしゃった言葉が印象に残っています。
「よい演奏というのは、その曲がいい曲だなと思わせてくれる演奏です。」と。

全く共感します。
きょうはそういう演奏がたくさんありました。

ありがとうございました!

Img_5246-2

« いちご | トップページ | 近視人の老眼 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いちご | トップページ | 近視人の老眼 »