« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月31日 (日)

シューマン コンクール1989の記録①

[5月31日]ザルツブルクからツヴィッカウへ

コンクール委員会からの連絡によると、今日の夜までに東ドイツのツヴィッカウに到着しなくてはならない。
重いトランクを持って朝7時、オーストリアのザルツブルクの駅を後にした。
ツヴィッカウまでは西ドイツのミュンヘンで乗り換えて9時間かかる。
列車は1日1本しかない。
列車には食堂車もないばかりか何も売りにも来ない。
みんな自分の座席でそれぞれが持ってきたパンやチーズをかじっている。
私のバッグの中にもヨーグルトやバナナ、りんご、そして「のり巻き」が入っていた。
こののり巻きは同じラング先生門下の台湾からの留学生、チンミン(静敏)が夕べ持ってきてくれたものだ。
「幸余は練習に忙しくてきっと時間がないだろうから」と、私のために作ってくれたのだ。
そんな静敏の優しさが心に沁みた。
私を応援してくれている友人のためにも、コンクールでは最善を尽くしたいと思った。
やがて国境駅に着き50分程止まる。パスポートを見せると「シューマンコンクールですね」と、国境警備隊の人に言われ問題なく済んだ。
やっと16時半、ツヴィッカウの駅に着いた。ホームの階段を降りていくと「シューマンコンクール参加者ですか」と学生に声をかけられた。
出迎えの人であった。
私は彼女に連れられてホテルまでたどり着いた。
Img_7086
Img_7051
ホテルツヴィッカウは駅から歩いて2、3分のところにあり、コンクール開催期間中は全参加者がここに寝泊まりするのだ。
コンクール事務局もここに置かれている。

早速事務局に行くとホテルの部屋番号と食事の券を渡され、演奏順のくじ引きがあった。
私は25番。
ピアノ部門の申し込みは58名だから、ちょうど真ん中あたりだろう。
部屋は2人の相部屋で洗面台がついている。大抵、同国人同士で相部屋となるらしく、私は日本人参加者のAさんと同室になった。
トイレとバスは共同で各階にあるが、バスはシャワーがなく、水道の蛇口がついているだけで少し不自由である。
早速、夕食を食べにホテルの食堂へ降りていく。
食事券を渡し、2種類のメニューから一方を頼んだ。
東ドイツは食生活が貧しいと散々聞かされていたので覚悟を決めていたのだが、出てきたトーストの上に肉がのった料理は大変美味しく、パクパクと平らげてしまった。
もしかしたら食事は楽しみのひとつになるかも、と希望を抱き始めた。
食事の後、今日は朝に家を出て以来ピアノを弾いていないので練習を希望すると、先程の学生がまた私を音楽院まで案内してくれた。
ホテルから歩いて十数分のところに古いレンガ造りの2階建てが3棟建っている。
これがロベルト・シューマンコンセルヴァトワールである。受け付けで2時間の練習を申し込んだ。
グランドピアノのある部屋は少ないらしいが運良くあいていた。
あちらこちらの部屋から練習の音が聞こえてくる。
最終審査でのシューマンの協奏曲を練習している人もいる。
私は聞いたこともないメーカーの古いピアノの前に座り、ゆっくりと練習を始めた。
覚悟はしていたが、やはりピアノは良くない。
長時間このピアノで練習していては、指の感覚がおかしくなってしまう。
指の運動機能の低下を防ぐ程度の練習にしかならない。
隣からは私が弾くのと同じ曲が聞こえてくる。
今日は列車に揺られ、頭がボーッとしている。この辺でやめよう…と練習を切り上げた。
ホテルに帰ってプログラムを見る。
参加者全員の顔写真、略歴、演奏曲目がアルファベット順に載っている。
日本人は私を含めて3人。
ソ連からは6人も来ている。
みんな若い。(このコンクールは年齢制限が25才まで)
見ているうちに、大変なところに来てしまったなぁという気がしてきた。
今日はとにかく疲れをとって体調を整えることだ。
早くにベッドに入ったが、車の音と、隣の部屋のタイプライターを打つ音が気になりなかなか寝つけなかった。
つづく

2020年5月30日 (土)

シューマン コンクール1989の記録⓪

おうちに篭って片付けをしていたら大昔のものが出てきました。
31年前のシューマン コンクールの記録・・・時代を感じます。
日経新聞の文化欄に取り上げていただいたことがあるのですが、その元となる草稿です。

長いものなのでこれから毎日少しづつアップしていきます。

*********

1989年7月のある日、私は留学先のオーストリアから一時帰国した。

一年ぶりの日本は梅雨の季節で、湿っぽい空気が肌にまとわりついた。

私の手荷物の中はあの有名なマイセンの陶器で一杯だった。ティーカップ2客。

ティーポット、シュガー入れ、ミルク入れ、花瓶。

絵柄の違う3枚の皿。

これらは単なるお土産ではない。

私が6月に受けた東ドイツのロベルト・シューマン国際音楽コンクール・ピアノ部門で2位をいただき、その賞金で買った思い出深い品なのだ。

Img_7101 

 ロベルト・シューマン国際音楽コンクールは4年に1度、東ドイツの南部、ツヴィッカウというシューマンの生地で行われ、今年は第10回目を迎えた。

ピアノ部門と声楽部門があり、過去には日本でもおなじみのアンネローゼ・シュミット(第1回1位)、デジュー・ラーンキ(第6回1位)、ディーナ・ヨッフェ(第7回2位)、ペーター・エゴロフ(第7回1位)、以上ピアノ部門、声楽部門では白井光子さん(第7回1位)などが入賞している。

ざっと見てみると東側の入賞者が大変多い。

東側の大きなコンクールとしては、ポーランドのショパンコンクール、ソ連のチャイコフスキーコンクールが有名だが、私はこのシューマンコンクールに関して言えば実際参加してみるまで詳しいことはほとんど知らなかった。

しかし今コンクールを終え、このコンクールの意義を考えてみると、先の2つのコンクールに負けず劣らず素晴らしいものがあった。

 ここでは私の体験をもとに、このシューマンコンクールを紹介したい。

Img_7100

 私は1988年秋からオーストリア・ザルツブルクのモーツァルテウム音楽院に留学し、ペーター・ラング氏のもとピアノを学んでいる。

今までにもいくつかコンクールを受けてきたが、コンクールというものは勿論人と人との競争ではあるのだが、それよりまず自分の精神力、体力への挑戦の場でもある。

自分のベストを尽くしたいという真摯な姿勢からコンクールでは時に名演が生まれる。

また、時にプレッシャーで自分の力を出しきれず惨めな結果に終わることもある。

私は経験を積むという意味でコンクールには否定的ではない。

そこで私は留学してすぐ先生に何かコンクールを受けてみたいと相談を持ちかけた。

すると、先生から「シューマンコンクールはどうですか」と勧めていただき、準備を始めることになった。

念を入れてじっくり勉強するのに時間は充分あった。

しかし長いと思っていた準備期間も意外と早く過ぎ去り、コンクールはもう目前に迫っていた。

1989年の5月も終わりに近づいていた。

つづく

 

2020年5月25日 (月)

緊急事態宣言解除

緊急事態宣言が解除されました。

とは、いってもすぐに元どおりの生活という風でもなく、相変わらずのおこもり生活です。

大学のレッスンと授業もリアルタイムではありませんが、オンラインで進めています。

課題のチェックなどで、かな〜り忙しいです。

家の片付けもそろそろ疲れてきて止まりました・・・。

そんな中、大昔に手書きで書いた「ロベルト・シューマン 国際コンクールの記録」が出てきました。

PC作業にのめり込むと眼が疲れたり腕が痛くなったりするのでその文字起こしの作業ができずにいたのですが、なんと娘が目にも止まらぬフリック操作で打ち込みをしてくれ、文字データになりました。

1989年の5月31日からの記録というあまりに昔のことなのですが、大切な思い出をまた振り返るべく同じ日に合わせて発表していこうと思います。

Img_7028

当時はベルリンの壁が崩れる数ヶ月前、「東ドイツ」という国を体験しました。

今は世界中がコロナに見舞われ、生活形態が一変しようとしています。

変化の中でいつの日も、今を精一杯生きるだけですね。

 

2020年5月17日 (日)

オンライン授業

きのうは寝つきが悪かった〜

オンライン授業の課題の返信が送られてきて、その動画を一人一人チェックしていたら、言いたいことがどんどん膨らんでしまって・・・。

あれもこれも伝えたい!と次なる返信で言いたいことが頭の中でぐるぐる・・・夜が明けて明るくなり始めた頃に寝付いたみたいです。

今朝はまるで恋人からのラブレターを開くかのようなワクワクした心持ちでまた続きの課題返信動画をひとつづつ開けてチェックしています。

課題はピアノ指導法という授業のもので、まだ会ったことのない21人の学生さんたちにどうやってオンラインで授業しようかと暗中模索でしたが、初めての動画で学生さんの様子がわかって、授業の道筋が見えてきました。

今回の課題は「幼児にどうやってドを教えるか」を動画にまとめて提出という、むずかし〜いもの。

何も知らない子供への導入レッスンは私でも難しいです。

たくさんの方法があり、いろいろな動画があって面白い。

本当は目の前で実習ができればよいのでしたが、私のいる県は県を跨いでの移動に自粛要請が続いています。

まだ愛知県芸まで行けないので、オンラインでもなんとしてでもがっかりさせない、為になる授業を提供したいという気持ちが沸沸と湧いてきました。

音楽の課題を通してのコミュニケーション、最高に楽しいです。

ネットがあってよかった、パソコンやスマホが使えてよかった。

工夫次第でたくさんのことができます。

2020年5月14日 (木)

お誕生日

きょうは娘の19歳の誕生日。

私は朝から何ヶ月ぶりかの床の水拭きをして、これまたほったらかしになって動かなくなっていたルンバの電池を交換して動くようにして、掃除に駆け回り、ちょっとした飾り付けをしました。

Img_6924

娘は朝から美容院にいき、髪をオリーヴ色に染めて帰ってきました。

ギョッとするような色だったらどうしよう・・と思っていたらそれほどでもなくてほっとしました。

自粛解除は夕方発表されたようですね。

まだできる限り用心していた方がいいかとも思い外食はやめて、やまとのお寿司をテイクアウト。

本当はケーキも作ろうかなとも思っていたのですが、娘はケーキはそれほど好きでもなく、好きなのはチーズケーキくらい。

なのでチーズケーキを焼こうかとも思っていたのですが、スーパーには小麦粉もクリームチーズの大きいのも売り切れ、昨日2軒スーパーを回ったけど手に入りませんでした。

そんなわけでコートダジュールの「まるごと半熟チーズロール」を購入。

Img_6923

なんでも名物の人気商品、半熟チーズケーキの規格外になってしまったものをぎゅっとロールケーキにしたものなんだそうです。

う〜ん、おいしい。

箱には、かわいい説明書きが。

Img_6927

夜には実写版の「アラジン」を一緒に観て楽しみました。

コロナがなければ学生会館にいて離れ離れでした。

自宅に戻り、オンライン授業が始まっています。

何気ない一日が尊く感じられました。

 

2020年5月10日 (日)

オンライン会食

コロナ疲れという言葉も聞かれるこの頃ですが、いえいえ、元気です。

というか、やってもやっても終わらない家の片付けをまだやっています。

さて、きょうは、父の法事、お墓参りと会食でした。

お墓は近くて本当によかった。

そして、地元のお店に頑張って欲しいので「山水亭」のお弁当をお願いしました。

現在、休業しているようで、仕出し弁当を始めたとHPにあったので。

お弁当を取りにいったところ、スタッフの方々、皆、薄いキャップをかぶり、ビニール手袋着用でした。

レジ回りのいろいろなものがラップに覆われていたりで、感染対策してる〜という感、ありありでした。

お弁当はこちら。

Img_6816

私と娘が母のところに行き、妹夫婦とオンラインでつなぎながら、いただきました。

5人でわいわい、 オンライン会食、いいですね!

父の墓に持って行こうと母が買ったお花はこんなカラフルなカーネーションが混ざっていました。

Img_6818

きょうは、母の日でもありますが、娘からは何もありません、ぐすん。

さあ、私もあさってからオンライン授業が始まります。

試行錯誤の毎日ですが頑張りましょう。

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »