« シューマンコンクール1989⑱ | トップページ

2020年6月20日 (土)

シューマンコンクール1989⑲

[6月20日]帰宅

 

とうとうツヴィッカウを発つ日になった。
私が一番最後の旅立ち人となったのだった。

ハイデさんとハイン夫人が駅まで見送りに来てくださった。
手厚いもてなしを受け、私は感激しっぱなしであった。
 
こうしてシューマンコンクールは終わった。
コンクールは絶対的なものではなく、一時の出来事である。
運良く賞に入れても、そこで努力をやめてはいけない。
芸術の道は果てしなく続いている。
 
Img_7254
  
夕刻、ザルツブルクに到着すると、町は私が出発した時と同じ表情で何事もなかったかのように私を待っていた。
また新たに勉強の日々が始まる。
 
私は二週間後に、マイセンの陶器を携えて、日本に一時帰国した。
 
おわり

« シューマンコンクール1989⑱ | トップページ

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シューマンコンクール1989⑱ | トップページ